安心安全で快適な自習室「ミニッツ」| 神奈川県横浜市

スタッフ常駐、会員登録制、全席禁煙、フリーWi-Fi、フリードリンクサービスで安心安全な空間をご提供

Brw

HOME ≫ 自習室「ミニッツ」ブログ② ≫

自習室「ミニッツ」ブログ2

やらねば

こんにちは。
電車が、少し混雑し始めましたね。
大丈夫なのでしょうか?
企業のトップも「喉元過ぎれば熱さを忘れる」なんて感じで、従業員の感染リスクは重要視していないのかと思うくらいです。
このタイミングで、リモートや在宅を導入しないと「いつやるの?」って状況になりますよ。
政府も、個人に外出自粛と言うよりも、企業に対して新しい働き方の導入を強く言わないと元の木阿弥ですよね。
従業員が多ければ舵を切るにもなかなか難しいとは思いますが、早期に導入して欲しいと思います。
さて、仕事では在宅勤務やリモートワークなどがありますが、学校でもZOOMなどを使って講義やホームルームをやったりしていますね。
中には、YouTubeなどを活用して講義をしている学校もあるようです。
義務教育期間と義務教育終了以降の教育内容は異なるので、中学校卒業以降は配信授業などを導入するのは良いかも知れません。
これからは今までと違って、強制される勉強ではなく、知りたい学びたいと思える勉強になると思います。
勉強をやりたくないならやらなくて良いみたいな感じですね。
さらに、生徒が先生を選んで授業を受けるシステムになって、先生の評価は授業閲覧数で決まるなんて事になるかも知れません。
将来の夢はYouTuberなんて言ってる小学生が、配信授業でトップの先生になったりとか(笑)
そんなシステムも、ヤル気が出るので面白いかも知れません。
このところコロナ自粛で、誰しも新しい働き方や新しい学校の在り方が見えて来ていると思います。
9時間拘束8時間労働、週休二日制など、最初に決めたのは誰でしょう。
決まりは決まりですが、必ず誰かが独断と偏見で決めた決まりだと思います。
それなら、週休三日制や6時間拘束5時間労働と独断と偏見で決めていたら。
考え方を変えると、当たり前を壊せる今なので、働き方も勉強方も変えられる今でもあると思います。
後は、勇気と決断、そして実行ですね。
いきなり大きな改革は難しくても、小さな改革は意外と簡単だったりします。
少しづつ小さな改革をやって、大きな改革に結び付けて行きましょう。
当たり前のことですが「やれば出来るやらねば出来ぬ何事も」ですよね。
2020年05月18日 13:56

選択のタイミング

こんにちは。
昨日の雨で、ウイルスが除去されると嬉しいと思っていましたがそれは有り得ないですね。
有り得ないと思っても、営業自粛や外出自粛が1ケ月以上になると・・・。
しかし、資格試験再開の兆候が出て光がさして来ました。
このところ、自習室のご利用も増え始めているので資格試験に向けた勉強を開始されているようです。
なんて書くと「自習室だから受験生でしょ?」と言われそうですが「自習室ミニッツは大人の自習室」なんです。
学生さんのご利用は年間通して1割程度ですよ。
受験生でも自習勉強や在宅学習が出来る方はご利用になれますが、ほとんどの学生さんは近くに先生がいる塾の自習室を使われるパターンが多いようです。
この時期から3時間券を使って勉強をされて、10月の追い込み時期になると6時間券(現在販売していません。)に切り替える受験生がほとんどです。
自習室ミニッツでは、資格も受験の勉強も3時間券をご利用になられています。
でも、自習室ミニッツが合う合わないもあるのでいきなり1ケ月利用はお勧めしませんよ。
普通なら「今日、契約するとお得になります。」なんて営業マンみたいに口八丁手八丁で契約を迫るのでしょうけど、ミニッツのスタッフはちょっと違うのでご理解下さいね。
ご利用に関してお伺いして「もったいないので、時間利用の方がお得ですよ。」なんて言うスタッフもいるくらいです(笑)
ほぼ全員です(;^_^A
まぁ、自習室ミニッツを気に入って頂いたら継続的にご利用下さい。
さて、各県で緊急事態宣言の解除が始まりました。
解除した途端に完全に気を緩めてしまい、諸外国が大変な事になっています。
今までのつらい苦労が水の泡といった感じですね。
とにもかくにも、自粛、自粛、自粛にならないように、緊急事態宣言が解除されても「3密」を避けたりなど慎重な行動をしましょうね。
しかし、つらい自粛ムードの中で、様々な新しい働き方や学校の在り方に気付いたのですから、それを新たな当たり前の事になるように考え行動することがこれからは大切ではないでしょうか。
今後も週休二日制で、満員の通勤電車で会社に行く事が当たり前なら、自粛期間で得たものは無意味なもになってしまいます。
自粛期間が終わったとしても、在宅勤務やリモートワーク、交代制出勤やチーム分け勤務などはこれからも継続出来ると思います。
日本企業の慣習としては「出勤は会社に行く事」なので、導入当初から会社に行く事を0ではなく「3年先」「5年先」に会社に行く事を0にする目標で良いと思います。
その為には、当たり前ではない事が当たり前になるように、日本企業の慣習になるようにすれば良いだけの事です。
例えば、入社1年目は毎日会社に行く事、2年目以降に役付き又は社内テストで認められた者から、週○日制の在宅勤務やリモートワークの勤務体系に変更、1年目であってもプロジェクトチームに選抜された場合はチームごとで取り決めるなんて感じにすれば、今までの当たり前に変化が出来て少しは働き方にメリハリも出るかも知れません。
当たり前だった経済活動をウイルスに壊された今は当たり前を壊せるチャンスでもあるので、経営者は思い切った舵切をする事も必要かもしれません。
逆を返せば雇用される側も、今までの当たり前だった事が当たり前ではなくなる事を心しなければならないでしょう。
片側が当たり前でなくなれば、もう片側も当たり前でなくならなければバランスが取れません。
これから自粛解除の先にあるのは、元に戻るのか新たに始めるのかの分岐点なのかも知れませんね。
2020年05月17日 10:00

混雑

こんにちは。
緊急事態宣言の解除が目前に来ていますね。
でも、WHOの考え通り「終息は来ない。」は強ち間違いではないでしょうね。
ただの風邪ですら、今の医療でもウイルスが0にはなっていないのですからね。
ワクチンや治療薬が開発されれば、現状程は恐れなくても大丈夫なウイルスとなるのではないでしょうか。
さて、先日までマスクや消毒剤の不足でドラッグストアが大混雑していましたね。
50枚入り使い捨てマスクは5,000円前後まで高騰していましたが、最近では国産マスクも販売されて価格はどんどん下がって来ています。
場所によっては、見向きもされないマスクがあったりもしていますよ。
そして、ドラッグストアでは、ティッシュペーパーやトイレットペーパーなどのデマで大騒ぎなんて事も。
外出自粛要請で、自宅にいる状況が続くので食料品がなくなるかもと、スーパーマーケットなどが大混雑して「密」が最も危惧されるといった事にもなりました。
さらに今は、先月まで売上4割減だったクリーニング店が大混雑しているようです。
5月に入って気温が上がり、衣替えでクリーニングに出そうと混雑しているようです。
そんな中、協会からはマスクやティッシュペーパーなどが衣類に残っていないかを確認して欲しいといったチラシやポスターも配布されています。
感染症対策の一つですが、マスクやティッシュペーパーなどがあれば気持ちの良いものではないので、クリーニングに出される際は各自でしっかりと確認するようにしましょうね。
ドラッグストア➡スーパーマーケット➡クリーニング店と混雑する場所が変わっていますが、これからはどのような場所や業種が混雑するのでしょうか。
もしかすると、意外な場所が混雑するかも知れませんよね。
勉強や仕事に必要となる場所が大混雑したりして(;^_^A
 
2020年05月14日 12:47

国家プロジェクト

こんにちは。
今日は30度を超える夏日で熱中症注意なんて天気予報で言ってました。
朝からエアコンの設定変更などでバタバタしましたよ。
仕事&勉強ミニッツは23℃、自習室ミニッツは24℃です。
朝から窓を開けて2時間以上の換気をして、12時45分から23℃でエアコン始動なので、仕事&勉強ミニッツをご利用になられるときは涼しくなっていると思います。
自習室ミニッツは、常時スタッフがいますのでちょこちょこ調整させて頂きますよ。
さて、今までとは違う事が起こることの代表が、最近では「在宅勤務」や「リモートワーク」ですよね。
この突然の労働スタイルは、国家挙げての実験として既に1ケ月くらい経過しています。
アメリカでは、労働人口の5%~10%と言われるリモートワークの対象者は、ホワイトカラーや管理職などの高所得者がほとんどなのです。
ブルーカラーと言われる方は、その場所に行かないと仕事が出来ませんのでリモートワークからは外れます。
日本の場合、コワーキングスペースにいらっしゃるフリーランスの方と、在宅勤務やリモートワークをされている方を同じだと思っている方も多いかも知れません。
ちなみにフリーランスの方は個人事業主と同じ括りに入るので、在宅勤務やリモートワークをされている方とは全く違いますよ。
話は戻りますが、無理に在宅勤務やリモートワークを実験している結果、現状では様々な問題が出て来ています。
一番は、既婚の方が「24時間顔を合わせるストレス」だそうです。
仕事で家にいるという理由から「家事を手伝わない。」や「子供の相手をしない。」などでギクシャクしているようです。
未婚の方だと「生活リズムがおかしくなる。」や「人に会わないのでお洒落をしない。」などだそうです。
上司も「サボっているのでは・・・」などと不安になってしまったりと、在宅勤務やリモートワークでは良いことがないようです。
そう考えると「労働人口の5%~10%」と言われるのも分からないでもないですね。
そのような結果を踏まえて、最近では「チーム分け出勤」などが考えられています。
それは密の軽減とも言えるのですが、管理職は週1日出社、一般職は週2日間2グループ交代制のような感じです。
暫くは、こんなイメージの労働スタイルに変わると良いかも知れませんね。
慣れてくれば「月に数回出社」なんて労働スタイルが当たり前になるかも知れませんね。
もしかすると、バーチャル出社なんて事も有り得ます。
満員電車が懐かしくなる日も来るかもしれませんね(笑)
2020年05月11日 12:44

イメージ?

こんにちは。
もう梅雨入りですか?というくらいの天気ですね。
今年は、新学期やゴールデンウィークのメリハリがないので梅雨入り?ってイメージがありますが、そろそろ梅雨入りの話題も出て良い季節ですね。
こんなに季節感までなくなるなんて思いもしませんでした。
少しでもメリハリを付けた生活にしたいですね。
さて、自習室って資格や受験などの勉強をするイメージが強いのですが、ご利用されている方の中には「読書」をされる方が多いってご存知でしたか?
このところ「読書は良いんですか?」なんて質問が多くなっていますが、カフェや図書館が緊急事態宣言に伴い休業しているので「読書出来る場所」を探されている方も多いようです。
一般の方だと「読書なんて自宅ですれば良い。」と思われるでしょうけど、読書好きな方の多くは「読書する場所」を利用されるのです。
極端な話ですが、勉強・仕事なども「自宅ですれば良い。」と言えるでしょう。
しかし現実は、勉強場所や仕事場所を利用される方は多いのです。
どこでも出来る事ほど、内容やレベルなどが上がると「ココでないと出来ない事」になるのです。
自習室ミニッツでも「読書する場所」としてご利用されている方がおよそ1割程度いらっしゃいます。
学生さんの勉強される方と同じくらいの割合です。
学生さんと読書する人が同じくらいって驚いてしまいますか?
でも、読書で2時間以上、勉強で3時間以上は当たり前の光景なんです。
資格試験延期等ですが、この時期でも勉強に集中されている方だと5時間以上席を立たないなんて事が普通にあります。
今年はまだ来られませんが、受験勉強の学生さんでも5時間以上の集中は普通です。
それくらいの勉強はミニッツでは当たり前なんです。
皆さんが口を揃て言われるのは「自宅でも出来るけど進まないから来てしまう。」という事です。
勉強には環境が重要なのです。
このように勉強に特化しているのですが、実は同時に読書するにも良い環境なのです。
何故なら、勉強する時はテキストを読む必要がありますが、読んだテキストの内容を理解してインプットしますよね。
では、読書は?

読書が出来る場所としての利用が多いのはご理解頂けましたか?
自習室は「子供の勉強する場所」のイメージが強いので「読書?」「大人の自習室?」と考えてしまいます。
しかし実際は、皆さんが受けるイメージとはかけ離れているのです。
逆に言えば「勉強に集中する必要がない」「読書に集中する必要がない」などの方には無駄な場所になるのでしょうね。
何事も、ゴールが違えば道も違うので無理する必要はないと思います。
ただ、イメージっていう思い込みと現実とは違うのです。
2020年05月10日 11:29

そろそろ

おはようございます。
今日も朝から晴天ですね。
外出自粛になってから、何となく空の色がスッキリしているように感じます。
科学的根拠はないですが(;^_^A
そして、在宅勤務やリモートワーク等の強制実施のお陰で、今までの働き方を考えられる余裕が出ている人も多いようです。
様々な我慢や心労はありますが、輸入に頼る日本経済に対して疑問をもったり、食料品などの自給率を考えるきっかけになったりもしているようです。
悪いことがあれば良いこともあると思いますので、こんな時だからこそ、これからを考える必要もあるのでしょうね。
さて、3月から資格試験の延期や中止が相次いでいます。
その影響で、自習室に勉強に来られる社会人の方は半分以下になっています。(ヤバいくらいです💦)
ソーシャルディスタンスの意味で、お席をひとつ空けてご案内しても余裕があるくらいですよ。
そして学生さんも、9月始業になるのか今まで通りなのか不安でいっぱいの様で、お問い合わせはあるのですが受験勉強をされる方はほとんどいらっしゃいません。
国公立受験は大丈夫なのかと思ってしまいます。
そんな中で、スタッフがずっと気になっていた学生さんの親御さんが、わざわざご報告に来られました。
間違いなく合格されているとは思っていたのですが、直接ご報告を頂けたので安心しました。
これで、自習室ミニッツ1ケ月利用の学生さん全員から合格のご報告を頂けました。
100%合格です!
大人の自習室なので、学生さんのご利用は全体の1割にも満たないので、半年以上ご利用されているとずっと気になります。
今年は、これから緊急事態宣言の解除以降、受験生が多くなるのかも知れませんね。
また、100%合格になってくれると嬉しいです。
勉強する場所のご利用と逆転して、自習室が作ったコワーキングスペース「仕事&勉強ミニッツ」は徐々にご利用される方が増えています。
突然のネット会議などでのご利用や、在宅勤務や在宅ワークでのご利用などがほとんどですが「仕事&勉強ミニッツ」なので資格の勉強をされる方もいらっしゃいます。
各企業の在宅勤務や在宅ワークなどの導入に伴い、仕事全体の40%くらいを「出社しないで仕事をする。」などに変えていく考えのようです。
当初は、2日置きに出社して週1日~2日は出社しないで仕事をする感じですね。
イメージ的には、月8日くらいは出社しないで仕事する感じです。
いきなり毎日になると、問題点も多くなり職種も決まってきますので、徐々に移行していくのではないでしょうか。
それを表すように、ご利用されているほとんどの方が「必要な時に、必要な時間利用が出来るのが便利」といった感じで、週に1回~2回程度の利用ですと月極は必要ないようですね。
これからどの様な方向になるか見えませんが、ミニッツとしては時間制自習室・時間制コワーキングスペース・ワークステーションといった感じになる予定です。
自粛緩和がされて資格試験が実施され、それから通常営業に近い形にならないとミニッツの予定は未定ですけどね。
でも、勉強やオフィス以外での仕事をそろそろ始めませんか?
既に、始めている方は沢山いらっしゃいますよ。
2020年05月09日 10:21

実力主義

こんにちは。
緊急事態宣言の延長が決まりましたね。
4月下旬のお知らせの通り、変更なく5月いっぱい自粛営業となります。
ご利用者数制限と短縮営業が継続となりますので、ご利用の際にはご注意下さいね。
そして、毎週金曜日は臨時休業日となりますので1号店並びに2号店お休みとなります。
うっかりご来店されて「あっ・・・閉まってる。」なんてないようにお願い致します。
自習室と自習室が作ったコワーキングには「3つの密」はないのですが、緊急事態宣言解除となり早々に通常営業出来るようになればと思っておりますので感染拡大防止にご協力頂きますよう宜しくお願い申し上げます。
さて、延長や延期は試験も同じなのです。
まだ明確にはなっていませんが、資格試験などは再開の兆しが出ているようです。
ヤバい!と思った方は今回は諦めて、次の試験日にした方が良いかも知れませんよ。
継続されて勉強をされている方は多いので、今から始めても競争にもなりませんからね。
それより問題は進学入試ですね。
受験生の中には「救済措置」があるのではなんて思っている方も少なくないと思います。
でも、救済措置はないと思っていた方が良いとは思いますよ。
何故なら、勉強をやっているかやっていないかは、周囲の問題よりも本人の問題と見られるからです。
InstagramやTwitterなどのSNSでも、外出自粛なら「自宅学習を頑張る」といった受験生が多くなっているので、受験シーズン間近になれば学力の差はいっそう広がります。
こうなると世帯収入云々などではなく、本人の学習姿勢の問題が大きくなるので「救済措置」はあり得ない事になります。
もしかすると救済措置の名目で、受験シーズンがずれて4月入学と9月入学なんて事も有り得ますね。
様々な問題はありますが、年間2回の募集は学校にとってメリットがありますから。
そうは言っても、文科省の発言によって変わって来るとは思いますので、新型コロナウイルスによる教育現場への本格的な影響はこれからなのだと感じています。
既に新型コロナウイルスの影響がある経済界は、在宅ワークなどの会社という決まった場所に行かない就業形態に移行して行くことは間違いないでしょう。
但し、忘れてはならない事は、決まった場所に行かなければならない仕事は必ずあるという事です。
様々な状況を考えると、暫くは決まった場所での仕事を廃止するのではなく、数日は決まった場所で仕事をして残りは任意の場所での仕事をするといった事になるかも知れません。
こんな時期にと思ってしまいますが、今までと違う形に変えていくタイミングとしては今しかないのかも知れませんね。
これから会社そして学校が、過程を色々考慮したり発言内容を聞く事よりも、効率的に結果のみを評価する実力主義に変わりつつあります。
そう考えると、次に実力主義に変わるのは何でしょうかねぇ。
結果のみを出せば良いので、色々と言う必要がないのは楽かも知れませんよ。
2020年05月06日 10:44

夢があれば乗り越えられる

おはようございます!
緊急事態宣言の中、賑やかになるゴールデンウィークになりましたね。
やはり、生鮮食料品を購入される方が、開店前の行列を作っているくらいで街中は閑散としています。
例年のゴールデンウィーク期間は混雑するミニッツですが、今年は資格試験の中止や延期、緊急事態宣言を受けての外出自粛でガラガラですよ。
学校も9月始業の案が本格的になっているので、受験日も延期になるかも知れませんね。
そんな試験の延期や中止でも、弁護士・司法書士・税理士・会計士・行政書士など「士業」と呼ばれる資格の方は勉強を継続されていますよ。
難関資格と言われる「士業」関係の資格は、日々の勉強が結果となるので継続されているのでしょうね。
そして最近では、在宅勤務やリモートワークの場所として1号店で短時間の仕事、2号店で長時間の仕事といった感じでお約束を守りながら使い分ける方も増えて来ています。
もしも「使いたいけど、どうなのかなぁ?」とお考えの方はスタッフにお気軽にお尋ね下さいね。
さて、あまり「来て!」「使って!」「試して!」なんて大々的に宣伝出来ない状況や雰囲気なので、自習室が作ったコワーキングは爆発的にはご利用される方は増えていません。
在宅勤務などで「仕事場所」と検索された方が都合の良い日や時間にご利用頂いています。
「月極と違って使わない時の料金が掛からない。」や「いちいち予約しなくて良い。」「平日15分60円は安い。」などの理由でリピート利用されています。
仕事&勉強ミニッツを登録すると自習室ミニッツもご利用頂けるので、事務処理的なお仕事は短時間で自習室をご利用されて、パソコン作業やネット会議などは仕事&勉強ミニッツをご利用されています。
一般的なコワーキングスペースとは違い、他のご利用者への声掛けは禁止などで交流は出来ませんので、貸オフィスやレンタルオフィスに近いのかも知れません。
周囲の方との関りを持たなくて良いというコワーキングスペースは、これからの新しいワークステーションとなるのかも知れませんね。
今後、ミニッツの自習室1店舗に対して、ミニッツのコワーキングスペース(ワークステーション)は1~2店舗ぐらいになる予定です。
最近では、台湾・ベトナムなどへの進出も考えていますよ(笑)
まぁ、新型コロナウイルスでこの経済状況ですから、将来に夢を持っていないと「や~めた!」となってしまいます。
みなさんも、将来はこうしたいなどを考えて、それに向かって今を乗り越えて行きましょうね。
将来?
そんなのはない!
じゃあ、外出しなくても将来に向かって調べたり考えたりは出来ますよ。
時間がある今が、なによりも一番のチャンスだと思って頑張りましょうね。
2020年04月29日 09:41

いつの間にか休業中草

こんにちは。
どういう理由かわかりませんが「トツカーナモ-ル 自習室ミニッツ 休業中」となっていました。
いやいや、Twitter・Instagram・ホームページはがんがん更新などしていますよ。
もちろん営業中です!
休業要請対象事業にも該当しないみたいですから、自主的に時短営業と利用者数制限をどこよりも早々対策を講じているだけです。
もちろん5月1日以降は、さらに自粛営業を行いますが完全休業にはなりませんのでご安心ください。
誰も操作していないので原因はわかりませんが、間違いなく本日もご利用頂けます。
もしかすると、勉強や仕事が嫌な人が休業中にしたのかも・・・(笑)
サイト側には申請をしてありますので、1週間以内で営業中に戻ると思います。
さて、インターネットの世界の問題はなかなか難しいですよね。
そんな状況は、テレワークや在宅ワークを導入する企業も悩ましい問題点でしょうね。
若年世代なら自らも対応出来て・・・・・でもねぇ。
各企業の在宅勤務導入はこれから多くなるので、それに対する事業も多くなるでしょう。
IT系新規事業進出はミニッツには無理です(笑)
パソコン?
インターネット?
IOT??
何それ????
ですから(笑)
また、休校に伴う「配信授業」がどんどん導入されて来ましたが「夏休み期間も授業」なんて話も出ています。
「サマースクール」なんてありますが、もしかすると9月より新年度開始で飛び級制度が導入されるかも知れませんね。
勉強が進んでいる学生は、先にどんどん進んで勉強が出来る制度が導入されれば、高校生に行かずに大学に入学出来るなんて事も有り得ます。
逆に、勉強が進んでいない学生は、どこかの時点で学校を辞める事になると思いますが、やりたくない勉強をやらなくて良いという点ではメリットもあると思います。
労働に対しての平等を求めて同一労働同一賃金が導入され、仕事でも結果主義に変わりつつあるので、勉強についても結果主義に変わるのは平等になると言う事ではないでしょうか。
本来の平等にたいする基本は、結果主義が導入されることなのでしょうね。
もし「それでは勉強が出来ない人が可哀想だから何とかして上げて欲しい。」と救済主義を持ち出すと平等にはならなくなってしまうでしょう。
また「勉強が出来ないから何らかの形で保障して上げて欲しい。」と保障主義を持ち出しても平等にはならなくなってしまうでしょう。
今後、仕事でも勉強でも、平等とは何なのかを考えさせられる時代になって来るかも知れませんね。
様々な、雇用形態や学校制度の改革が行われる時代へと、今回のコロナウイルス感染が追い風になって来ているように感じます。
あちらこちらから「収束又は経済活動再開は7月ごろ」といった声が聞こえていますが、同時に全ての雇用形態や学校制度の見直しが始まるのも7月ごろからなのかとも感じています。
何はともあれ、一日も早く収束して経済活動の再開となれば良いとは思っています。
しかし。
日本ならではの制度を壊す、様々な改革をどう思われますか。
2020年04月26日 10:37

緊急融資も試験勉強も

こんにちは。
経済が止まって大変ですね。
政府が対策を講じても、日々倒産件数はどんどん増加しています。
緊急融資の対応も微妙な状況なので、これから倒産する企業はより増加するかも知れませんね。
もちろん、融資しても回収が出来ないなら、金融機関が融資をしないのが当たり前なので致し方ありません。
しかし、その事が原因となって、直接的な影響で倒産するあおりを受けた連鎖倒産が爆発的に増加するかも知れません。
その時こそ、金融機関の破綻への道筋が出来てしまうのでしょうね。
そうならない為にも、営業自粛などを前面にするなら、その影響を考えた対策を講じて欲しいと感じます。
そうは言っても、既に間に合わない経済状況になっているとは感じます。
さて、間に合わない話と言えば、資格試験が延期や中止になって「勉強したって」と考えている方と「今だからこそ勉強しよう」と考えている方に分かれているようです。
また、休校中なので「あつもりやろう!」と朝から晩までゲーム三昧の方と「今のうちに1年分の予習をやろう」と勉強している方に分かれているようです。
選択の自由なので、どちらでも良いとは思いますが「資格試験の再開」といきなりなったら間に合いません。
そして、学校の勉強や受験勉強にしても、ふるいに掛けられて落とされても、選択したのは自分自身なので救済措置はないでしょう。
でも、やる気になるなら今からならまだ間に合うと思いますよ。
まだ間に合うと思って余裕なのか、まだ間に合うけどと思って余裕を感じないかでこれからが変わります。
経済も勉強も、現在の状況で余裕を持てば最悪の結果になるのは致し方ないと思います。
そうならない為にも、余裕がない状況を考え行動することが大切な時期と思います。
ではまず、テキストを開きましょうね。
2020年04月25日 10:27


安心安全で快適な自習室
ワーキングプレイス
「ミニッツ」

国家資格・難関校受験 在宅・リモートワーク
【自習室所在地】
神奈川県横浜市戸塚区
戸塚町16-1
トツカーナモール2F

【TEL】
045-435-5325
【営業時間】
自習室ミニッツ
平  日13:00~23:00
土日祝日10:00~20:00
仕事&勉強ミニッツ
平  日13:00~22:00
土日祝日10:00~19:00
【定休日】
1月1日
施設点検日

ご利用案内

モバイルサイト

安心安全で快適な自習室「ミニッツ」スマホサイトQRコード

安心安全で快適な自習室「ミニッツ」モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!