安心安全で快適な自習室「ミニッツ」| 神奈川県横浜市

会員登録制・安心安全で快適な席をご用意

自習室「ミニッツ」ブログ2

どうなるかは不明です

こんにちは。
今日は寒い上に雨ですね。
雪でも降りそうなくらい寒いので暖かくしてお出掛け下さい。
さて、インフルエンザ対策・ノロウイルス対策・コロナウイルス対策などでどこも大変です。
ミニッツは、アルコールや次亜塩素酸などで除菌を行っています。
しばらくは今の状況に変わりはないと思って除菌剤の確保をしています。
しかし、ミニッツは対面席もなく、シェアオフィスやコワーキングスペースと違い、声掛けや利用者同士の会話を伴う利用がないので良かったのかも知れません。
飲食店での注意書きには「ご利用は30分を超えないようにお願いします。」「仕事の作業やテキストを広げた勉強は禁止」などとあるので、飲食店などのような会話を伴う利用の場所は大変ですよね。
会話を伴う利用をするところは、常に換気をしながら営業する事になるのでこれからはかなり寒いです。
それより、利用禁止内容の貼り紙があるお店では、店員さんから注意されたら席を立つ必要があります。
コロナウイルス感染症拡大以前の感覚でいて、店員さんから注意されて騒いだり文句を言ったりするとまずいことになるかも。
平気平気なんて思っていたら、警察を呼ばれることだってあるので気を付けて下さい。
まぁ、言われるまではほとんどのお店は大丈夫ですけどね。
さて、飛沫感染リスクに関しては2号店の利用方法に多少規制があります。
電話やオンライン会議などの利用は、三方向を160㎝のパーテーションで囲まれたお席でも隔離されているような3席のみとさせて頂く事になりました。
このまま感染が拡大した場合は、電話やオンライン会議は出来なくなるかも知れません。
気楽にパソコンや電卓を使える自習室といった感じに、一時的ですが利用方法を変更せざるを得なくなるかも知れません。
一日でも早くコロナウイルスが終息すればと思います。
しかし、感染症対策に携わった方は「完全な終息までは2年から5年は必要」と言われていましたので、しばらくは現状維持しかないのかも知れませんね。
2020年12月05日 11:08

18時開店でもいいかなぁ

こんにちは。
寒い寒いと思ったら12月でした(笑)
令和2年もコロナウイルス一色の1年になりましたよね。
今年も残すところあと4週間です。
GO-TOも控えてしまう気持ちがどこかにあったりと4週間で何かをやりたくても出来ない状況です。
クリスマスパーティーも3密や5つの小で盛り上がりがイマイチでしょうね。
でも、感染拡大で全てが無駄になる事を考えたら、控え気味のクリスマスパーティーも良いと思いますよ。
さて、クリスマスパーティーどころではないのが、今年初の「共通テスト」を受ける受験生です。
以前もブログに上げましたが、民間資格試験や企業内試験が延期や取り止めになったりしている影響で、都度利用の社会人が減っているミニッツの昼間はがらがら状態が続いています。
当面は18時開店でも良いみたいですよ(;^_^A
でも、15時くらいから受験生の学生さんが多くなりますので18時開店にはなりませんけどね。
現状は一般のご利用がその程度なので、年末年始の都度利用(時間利用)のご予約を中止とさせて頂いて、毎日のように勉強されている自由席1ケ月券をお持ちの方だけ年末年始のご予約が出来るようにしました。
さらに2号店では、会話を伴うご利用を160㎝のパーテーションを囲まれたデスクでマスク着用利用とした為、シェアオフィスやコワーキングスペースのような安易な利用が難しくなりましたので、12月より仕事&勉強ミニッツから自習室ミニッツ2号店又はミニッツ2号店に呼称変更致しました。
2号店も1号店に近くなり、これからは会話を伴う利用が区分けされた限られたデスクになり飛沫感染リスクも抑えられると思います。
感染するかどうかは別として、隣でお喋りしていたり、電話やオンライン会議で話していたりは不安に思う方も多いと思います。
これからしばらくは、感染しないさせないを考えて自らが行動する事が重要になると思いますよね。
 
2020年12月03日 11:50

なくなるのではなく生まれる

お早うございます。
横浜の感染拡大が止まりませんね。
このままだと1日500人の新規感染者なんてありそうです。
11月の3連休から2週間後の、12月の2週目あたりがどうなるか心配ですね。
様々な意見はありますが、マスク着用は一番の予防対策なのでしっかりやりましょうね。
さて、一時期は全てのお席をご利用頂けるくらいまでなりましたが、このところの感染状況から「お席を一つ空けてご案内」に戻させて頂きました。
また、2号店のオンライン会議などは、半個室のような高さ160㎝のパーテーションに3方向囲まれた場所のみとさせて頂いております。
2号店はコワーキングスペースやシェアオフィスなどに近い自習室としてオープンしましたが、コロナウイルス感染の影響で自習室ミニッツよりちょっと自由に使える自習室といった感じになってしまいました。
そして12月より、自習室ミニッツ2号店(ミニッツ2号店)として再スタートなのでご利用料金も変わります。
今までご利用頂いていた方はかなりのお値下げなので、ラウンド制スタッフやドリンク提供がない事が気にならないければかなりお得だと思います。
そして、1ケ月利用の指定席パスの7日前更新特典が2021年1月からスタートするので、2号店は15日程度ご利用頂ければ元がとれるようになります。
自習室ミニッツ1号店も、当初13時間ご利用頂けました1日利用が10時間になってしまいましたので、こちらもコロナウイルス感染症対策の時間短縮営業中は値下げとなっています。
しっかり勉強する方はかなりお得ですよね。
しかし、1日10時間なのでパック料金は時短営業の間は販売中止になっています。
大きく変化したのは、元々のミニッツは大人の自習室ですが、資格試験が減少しているので学生さんが使い易いようにさせて頂いています。
席の確保だけされたりと図書館はいつもいっぱい、塾の自習室は色々と利用が難しい、カフェや飲食店は親御さんが心配など、様々な理由で学生さんの勉強出来る場所がなくなっています。
11月1日から3月末までは「毎日学割キャンペーン」を行っていることもあり、高校3年生の受験生だけではなく中学生以上のご利用が多くなっています。
3月末以降もコロナウイルス感染症が終息しなければ、毎日学割キャンペーンの延長も検討しなければと思っています。
また、士業と言われる資格試験の勉強をされている方は今年はの春からご利用も増えていますので、1ケ月利用についても1号店の7日前更新特典や新規の2ヶ月一括購入などを2号店でも検討しようと思っています。
1号店の「大人の自習室」と2号店の「シェアオフィスやコワーキングスペースに近い自習室」もコロナウイルス感染症の影響で変更しなければならない事も多くなりました。
これ程、長期的に感染が収束せず終息が見えないとは想定から大きく外れています。
3月までは大なり小なり変更が出てきますがご了承下さい。
また最近は、シェアオフィスやコワーキングスペースを企業契約するのではなく、拠点として自社のサテライトオフィスを作るような傾向もあるようです。
例えば、社員の為に東京駅・品川駅・川崎駅・横浜駅近くに拠点のサテライトオフィスを設置すれば、利用する人は自社の従業員しかいないので企業側も従業員側も安心して利用が出来ますよね。
他社と共有するのは違和感があるビジネスパーソンも少なからずいますので、これからは企業側が配慮する事も多くなるかも知れませんね。
カーシェアリングのようにはならないと思いますが、自習室や貸会議室、シェアオフィスやコワーキングスペースもこれから様変わりするかも知れませんね。
これもコロナウイルス感染症拡大で新しい発想になった事から生まれた事でしょう。
これから、正規雇用契約がなくなり業務委託契約のような形式に変わると言われていますが、コロナウイルス感染症拡大で全ての今までがなくなってしまうように感じています。
しかし個人的には、今までがなくなるのではなく、様々な事が徐々に新しくなると期待しています。
だからこそ、この早い動きについて行けるよう柔軟性を持って考えるようにしたいと思います。
 
2020年11月29日 10:01

逆行する時代

こんにちは。
GO-TO利用の方へのバッシングが酷いことになってますね。
「身の丈にあってない利用者」「安いに飛びつく客層のモラルのなさ」etc.
言わんとする事はわかるのですが・・・。
確かに、東南アジアでの販売スタッフへの指導で「安いチケットの旅行者は相手にしない。」なんて話しがあるくらいですから、安い安いで飛びつくお客への対応や評価は世界的に似たような感じなのでしょうね。
また、大手企業が所有するテナントビルなどは「ある程度の相手にしか貸さない。」と諸条件を少し高めに設定しているなどと言われています。
また、旅館の特別室や高級ホテルのスイートルームなども似たような話があるようです。
安くお得を利用するにも、その場所などに対する最低限のモラルやそれ相応の感覚は必要なのでしょうね。
さて、それ相応なんて勉強には関係ないと思われるでしょうけど、塾を選ぶにしてもそれ相応の塾があります。
差別だー!
学習の機会を平等に!
でも、偏差値で行ける学校が違い、卒業する学校で就職できる企業が違います。
差別や平等などではなく、成果主義による選択の自由だと思いますよ。
頑張って勉強した学生さんは、良い大学に進めて就職先も色々と選べます。
野球やサッカーも同じですよね。
良い球団に入る、良いチームに入る、そんな選択肢は頑張って来た人にだけ与えられます。
スポーツも勉強も同じなんです。
これから仕事も成果主義になって行きますが、やることをやった人が認められ、やらなかった人は認められないという真の平等に近づいています。
そして、やりたくない人が認められる事が不平等と気付く時がくるでしょう。
みなさんは、どちらになりたいですか?
認められ人?
認められない人?
自分で決められる選択肢が多くある人?
人に決められた方向にしか行けない人?
2021年に向けてちょっと考えてみては如何でしょう。
逆行する時代なので、無駄な頑張りでも認められる人になることが大事だとは思いますが。
 
2020年11月23日 11:12

自宅で勉強すれば?

おはようございます。
そろそろ受験生は本気で勉強する時期になりましたね。
国家資格試験も追い込み勉強のシーズンです。
第2外国語として注目の中国語検定、インドネシア語検定などの語学系の資格試験も多くなる時期です。
これから、医療事務管理士技能認定試験、調剤事務管理士技能認定試験、介護事務管理士技能認定試験、介護福祉士や社会福祉士、保健福祉士や薬剤師などの医療関係や福祉関係の資格試験も多くなります。
12月~2月に集中しますね。
試験会場の問題で、延期などもありますのでご確認ください。
さて、民間資格試験が減少しているのは以前にも書きましたが、ミニッツの混雑具合を見て頂ければどなたでもわかるほど減少しています。
特にコロナ禍なので、混雑していると不安な方にはお席に余裕のあるミニッツは「安全安心」だと思います。
Twitterでご案内可能な席数は毎時間発信していますのでご確認下さい。
そんな中、共通テストや定期テストの勉強でご利用される学生さんは、昨年同時期に比較して増えています。
図書館が荷物で占領されている。
カフェや飲食店は規制が厳しくなっている。
自宅では集中出来ない。
などの理由が多く聞かれます。
もちろん、学生さんが「勉強するならミニッツ」と考えて頂いても、やはり親御さんの協力なしでは利用もままならないと思います。
店頭で「こんなところでやらなくても家でやれるでしょ。」とお子さんに言われる親御さんがいらっしゃいます。
確かに、利用無料の図書館や自宅が一番ですが、自分でリスク回避をする事が前提です。
相談に来られる方の中にも「家でやればいいのにね。」なんて言う親御さんもいらっしゃいますので、相談に来てまで言われるので間違えという事ではないと思います。
しかし、自宅では集中出来ない理由が何かを考えてあげて下さい。
ほとんどの理由は、兄弟であったりご両親であったり空間の違和感などなのです。
お酒を飲まれる方でも、外でしか飲まないや家でしか飲まない方、家でも外でも飲まれる方がいらっしゃいます。
それにも必ず理由があるのです。
高級ホテルのラウンジで2,000円のコーヒーを飲まれる方と、コンビニの100円コーヒーを飲まれる方がいらっしゃいます。
全ての物事には必ず理由がありますので「自宅では集中出来ない」という事に対する理由を改善してあげれば「自宅でも集中出来る」になると思います。
ミニッツの受験生は、小学生で2時間以上机から立ちません。
そして中学生で3時間以上、高校生で5時間以上は普通の光景です。
社会人では、民間資格で1時間30分以上、国家資格なら6時間や7時間なんて普通なのです。
集中し過ぎて慌てて帰られる方もいらっしゃいます。
人それぞれですが、ミニッツが合う方は集中する時間が想像以上だと思って下さい。
受験生の親御さんは、ご自身で一度体験されてからお子さんの利用を検討して上げて下さい。
ミニッツを体験してご自宅に環境を作るのもいいかも知れませんよ。
ダラダラしてないで勉強しなさい!
勉強しろ!
勉強しなさい!
なんて言う前に、勉強に集中出来る家なのか検討してみましょうね。
2020年11月21日 09:54

勉強するならミニッツ

こんにちは。
GO-TOは継続して時短営業要請もしないようですね。
東京都、神奈川県、北海道、大阪府でこれ程の感染者がでているのに・・・。
でも「経済を止めるのはもう出来ない」といった感覚はわからないでもないです。
これから年末年始の稼ぎ時を5月のようにしたら、経済破綻もあり得るので雇用の維持も出来なくなるでしょう。
しかし、医療崩壊に目をつぶって経済活動を優先するのではなく、個々が感染症対策を講じて「うつらない・うつさない」をやって行くのが最も望ましいのではないのでしょうか。
経済活動をしながら医療崩壊を防ぐには、国民一人一人の意識を「新型コロナウイルス感染症対策拡散防止」へと向ける必用があると思います。
「5つの小」などの発想も意識していくことが、元の生活に戻る為の第一歩かも知れません。
マスク着用・手洗い除菌・適度な換気などを行って新型コロナウイルスに負けないようにしましょうね。
さて、ミニッツ1号店は感染症対策緩和を行っていましたが、18日と19日の状況を鑑みて緩和前に戻すことにしました。
緩和前とは「一つお席を空けてご案内」という事です。
また、2号店も今後の動向を踏まえて時間利用を一時中止する事を検討しています。
やはり現状は、ご利用される方とスタッフの安全安心を優先する事が必要な事だと思います。
最近は「塾の自習室が使えない。」「図書館は不安」「カフェは会話する人もいるので心配」と言われてミニッツをご利用される受験生も増えて来ています。
社会人でさえ「感染が怖い」「感染が不安」と思うのですから、これから本番の受験生なら尚の事ですよね。
もしも、カフェや図書館で勉強する際は「消毒用アルコール入りスプレー」や「アルコール除菌シート」を持って行きましょう。
そして、マスク着用で1時間程度の利用にする方が良いでしょう。
最近のカフェは「お席のご利用は30分以内でお願い致します。」なんて貼り紙や「ピークタイムはパソコンなどのご利用はご遠慮下さい。」「勉強は禁止させて頂きます。」などが記載されていますので、店員さんから利用中止や中断を言われたら素直に従いましょうね。
コロナウイルス感染症拡大前なら「おかわりして勉強しましょう。」なんて言っていましたが現状はそれさえも難しいと思いますよ。
やっぱり「勉強するならミニッツ」ですよね。
感染予防対策をしながら試験までやり抜きましょうね。
 
2020年11月20日 14:10

コロナで変わったミニッツ2号店

こんにちは。
東京都内の感染者数が増加傾向にあって、最も深刻な「感染が拡大している」に引き上げる方向に調整を始めました。
感染拡大前に、勤務体制を戻した企業は在宅勤務などの導入を再検討して、従業員の安全を守る勤務体制を再構築しなければならないでしょう。
もちろん、このところ報道されているように「早期退職者募集」「非正規労働者解雇」「店舗閉店」などを含め、解散や倒産なども増加傾向にあるようです。
3ヶ月から12ヶ月前に退店を申し入れた企業が、この12月前後を目途にオフィスや店舗をビルオーナーに返しているようです。
ビルオーナーの中には「賃料を下げるより空室の方が良い」と考えているのか、空室でシャッターが下りたままの商業施設なども多くなり始めています。
一度シャッターが開かなくなると、商店街などのようにシャッターが閉まって廃墟になるパターンもあるので、どちらが良いのかわからないのが正直なところです。
ワクチンの完成などと言われていますが、まだ当面はコロナに振り回されそうだと感じています。
さて、11月17日で1周年になるミニッツ2号店の方向性を変更して半年が経過しますが、3月より2号店に関して自習室ミニッツ
により近い利用方法になります。
2号店は、セミナーや会議、個人レッスンなどが出来る場所としてオープンしましたが、オープンから1ケ月でコロナウイルスの感染拡大がし始めてしまい継続は難しくなりました。
暫くの期間は、2号店のオープン当初の利用方法では営業が難しいと考えています。
そして検討を重ねた結果、自習勉強が出来る場所に利用方法を変更させて頂きましたが当初の利用方法は多少残っています。
しかし、これから「勉強するならミニッツ」という事で18歳以上又は高校3年生以上の利用を18歳以上又は高校2年生以上に変更させて頂き、共通テストの勉強をされたり、塾の自習室がなかなか使えない高校生が使えたり、さらに半年や1年間の継続利用する大学生や仕業の資格試験の方にも使いやすい場所に変わっていく予定です。
現在は様々な意見をお伺いしていますのでもうしばらくお待ち下さい。
ミニッツを久々のご利用ですと「ころころ変わる」と思われてしまうかも知れませんけどねlol
2020年11月18日 12:08

借り上げたシェアオフィスで勉強lol

こんにちは。
最近、塾の講師から「初年度よりも次年度の共通テストが大変かも知れませんよ。」という話を耳にします。
はたして本当なのでしょうか?????
考えてみれば、初年度から難易度を上げるとクレームが多発する恐れがあるので、緩めに問題を作成して次年度から本格的な問題にするなんて事も有り得ます。
問題を作る側も慣れていないので、一先ず現状を把握して次年度からは・・・といった感じでしょうか。
確かに、例年より多くの高校2年生がミニッツを利用されているので、現役の高校2年生(次年度の共通テストを受ける方)はより敏感になっているのでしょうね。
そして、塾の講師の方からも今年よりも来年度以降が難易度が上がるといった発言が・・ロジカルですね。
さて、2号店の利用に関して年齢制限を引き下げて欲しいとのご意見がありました。
現在は高校3年生(18歳以上ですが高校3年生の17歳はOKです。)からご利用頂けるのですが、共通テストの関係で高校2年生(17歳以上)から利用出来るようにして欲しいとのご意見があります。
これについては、年末年始の利用を考慮して12月25日現在で高校2年生なら利用可能にしてもなどと検討中なので暫くお待ち下さい。
この話の発端は、コロナ禍の影響でカフェなどの飲食店での勉強などの利用が厳しくなり、その影響で居場所を図書館などの施設に求める人が増えた為のようです。
カフェなど飲食店では、30分ルールがほとんどのようです。
学生さんからは「図書館がいっぱいで使えなくて」や「勉強出来る場所がなくて」といった話をよく聞きます。
図書館などでは、単純み荷物の置き場として使う方もいるようですよΣ(゚Д゚)
このところ、塾の自習室が規制があって使えないのでミニッツを利用される方も多く、場所がないために勉強に対する意欲が失われなければと感じています。
しかし、無料よりも有料が良いと考える方と、無料が絶対に良いと考える方がいらっしゃいます。
無料が絶対に良いという方は、無理に有料自習室を使っても効果0になります。
只より高い物はないと考えるか、只より安い物はないと考えるかは自由ですからね。
しかし有料自習室にはそれなりの意味があるので、本人が使ってみたいと言うお子さんには、勉強に対する意欲を失わせないように一度利用させて上げて下さい。
スタッフは、保護者の方が来られた際に「有料自習室をご利用されるよりも、マンツーマンの塾に行かれた方が良いと思います。」と失礼を承知の上でお伝えする事がありますが、それは支出に対して効果がなければ有料自習室の利用は無駄と考えておりますのでご理解下さい。
もちろん、それでもミニッツをとお考えであれば、ご利用に対してお断りする事はありません。
勉強などは、自分で出来る人と教わらなければ出来ない人がいますので、やる気があるなしとは違う事だけはご理解下さいね。
しかし、今年に限っては一人も有料自習室を利用するのが無駄に感じる学生さんはいらしゃいません。
例年ですと、一人二人はご利用をお勧めしない学生さんがいらっしゃいます。
今年は、自ら利用したいと考え親御さんが協力をされている学生さんなのでしょうね。
現在は、中学受験・高校受験・大学受験、そして次年度共通テスト受験の高校2年生が多く来られています。
もちろん、現役の大学生もオンライン化になって増えています。
ミニッツは大人の自習室ですが、学生さんの割合が増えているので大学受験の高校生もご利用下さいね。
また、高校受験の中学生や中学受験の小学生も気楽に利用して下さい。
コロナ禍で民間資格試験が減少しているので、ある意味学生さんの受験勉強の場所としてご利用頂ければと考えています。
大手企業の社員の方は、会社が借り上げたシェアオフィスで資格試験の勉強をされているようなので、学生さんがミニッツを利用するにはチャンスかも知れませんよ。
シェアオフィスは無人が多いので、有料自習室で勉強する費用を企業が出してくれると考えればお得ですよね。
昨年は受験シーズンには満席で学生さんの利用が出来なくなりそうと、慌てて2号店をオープンしましたが学生さんは余裕でご利用頂けます。
そんな事もあってミニッツ1号店では「毎日学割キャンペーン」を3月末まで開催です。
また、2号店は1周年記念キャンペーン開催中なのでどちらのミニッツをご利用頂いてもお得ですよ。
ご来店されれると「こんなお得な使い方があるんだ。」なんて事も。
コロナ禍で在宅勤務やテレワークに社会人がなった事で、週末の混雑も緩和して学生さんはお得に自習室をご利用頂けることになります。
良かったの悪かったのか難しいですが、しっかりと勉強するには良い環境ですので一度ご利用下さいね。
2020年11月03日 11:44

残り2ケ月

おはようございます。
10月も本日で終わります。
今年も残り2ケ月ですが、ウイルスに振り回された1年でしたよね。
でも、色々と考えるのにはひとつのきっかけになったのかも知れませんね。
ウイルスの影響で、昨年オープンした2号店「仕事&勉強ミニッツ」の方向転換を余儀なくされました。
当初はコワーキングスペースと自習室を混ぜたようなイメージでオープンしましたが、フリー席や会話のリスクを回避する事を考えて「ミーティング席」の撤去作業や160㎝のパーテーション設置などを行いました。
2号店へは毎日2~3回のラウンドをしていますが、1年間継続いたしましたが問題などはありませんでした。
そこで、ラウンドする手間を省く事で価格の引下げを検討する等、これからも色々と変わることがあると思いますがお付き合いのほど宜しくお願い致します。
さて、航空業界や製造業界でも、コロナ禍改革の執着地点として人件費削減や固定費削減を進めています。
そして、同一労働・同一賃金が日本国内全ての企業に義務化されれば、正社員と非正規社員の壁がなくなります。
企業側からすれば、シェアオフィスをある程度の金額で契約すれば、1人当たり7万円と言われるオフィス維持費は大幅に下がります。
また、在宅勤務などにすることで通勤費は削減されます。
今後の働き方改革の方向性によっては、勤務時間外労働は認めない内容で労働契約を結べば残業手当も削減されます。
そして、同一労働・同一賃金の導入により、正社員に対する各種手当支給を削減して、非正規社員と同一賃金にしていく考えがあちらこちらから出ています。
極め付けは「ジョブ型雇用契約」という成果主義労働契約により、一部の人は業務委託契約に近い契約になる事も考えられます。
簡単に言えば、定められた時間内に労働契約書上の労働内容を100%出来た場合には100%の契約上の給与を支払いますが、労働内容を達成出来なかった場合は割合に応じて減額しますという事です。
時間数に応じた給与ではなくなるという事でしょうね。
もちろん、契約上の労働内容以上なら増えるのですが・・・。
労働基準法に則りながら、顧問弁護士などが参画しながらこれまでの様々な訴訟内容を鑑みて、新たな労働契約書や雇用契約書が作成されていくのでしょうね。
絵空事のように感じる人もそうでない人もいると思いますが、民間の資格試験が減少している中でファイナンシャルプランナーの資格試験を受ける方が増えているのを見ていると、これからの働き方が変わることに対して対応出来る知識を学んでいるのかもと思います。
国家資格試験の方や受験の学生さんがほとんどなので、勉強を始めるにはコロナ禍の自習室は空いていて良いですよ。
 
2020年10月31日 10:38

匙加減評価

おはようございます。
学生さんの中で「2025年から共通テスト7教科」という話題が多く出るようになりました。
5教科から6教科、そして7教科と増えて来ますね。
範囲が広すぎて今さらやっても・・・・
そんな話が出ています。
逆に、学校での授業を聞いていたから復習だけで大丈夫ですといった話も多く聞かれます。
驚くことに、最近は中学生から共通テストを意識して、勉強をスタートしている方が自習室をご利用されてます。
もちろん、親御さんの理解があっての事ですよね。
勉強するのが学生の仕事と考えて、親御さんは理解してあげましょうね。
さて、勉強をする理由は様々ですが「なんで勉強しなきゃいけないの?」といった質問に備えておきましょうね。
例えば、小学生や中学生から自習勉強を始められれば、勉強を始めない人と比べても様々な選択肢が増えます。
将来選択肢が多いほど、自分がやりたいことを自由に選べるので良いですよね。
自由の幅が広がっても勉強はやだやだやだやだ(笑)
では、勉強しなくても良いですよ。
その代わりに、選択肢がほとんどなくなります。
それでも良いなら、今すぐ学校を辞めて働きましょう。
求人内容を見ると選択肢がないのに気が付きますよ。
それが現実です。
でも、当の本人から言えば、勉強・・・勉強って😡
なんて人もいるでしょうけど、学生は勉強が本業なので怒らないで下さい。
もしも、親御さんが「仕事・・・仕事って言うな!」と仕事をしなかったら困りませんか?
命より大切なスマホ解約も有り得ます。
だから、学生さんは「勉強しなさい!」とか「勉強は?」と言われない程度に勉強はしましょうね(笑)
でも、親御さんが「勉強しなさい!」と言う理由の一つには、成績を付ける際に絶対評価を導入しない事にも問題があると思います。
割合での比較評価と言う相対評価では、割合に応じて評価され、さらに匙加減などが有り得るのです。
そうなると、何時の間にか「勉強は自分の為にやる」から「人と競争する」に変わってしまい、親御さんは勉強時間などの比較しか出来なくなってしまうのです。
親御さんは、本人の勉強の成果ではなく「割り当てられた枠に入っているか」「心象などの匙加減はどうなのか」で決まった成績と、勉強している時間数でのみ測る事しか出来なくなってしまうのです。
だからこそ、普段の面前で勉強しているか否かに注目せざるを得ないとなるのです。
例えば、80点が2名いても成績8の枠が一つならどちらかを7にしなければなりません。
そうなると、7にする名分として匙加減が使われるのです。
そういった意味では「相対評価」は勉強の成果を評価するには正しさに欠けると言えませんでしょうか。
持論になりますが「勉強は自分の為にするのであって、周囲と比較する為にあるものではない。」と思っています。
いたってシンプルに、総点数からの獲得点数で成績を付けることが正しさに等しいと考えます。
例えば、0~9点の成績は1、10~19点の成績は2、20~29点の成績は3・・・のような感じです。
頑張って勉強した人は、匙加減に関係なく自分の勉強成果を絶対評価されるので良いと思いますよ。
そして、成績を付ける側も「〇〇点だから成績は〇〇」と楽に付けられます。
親御さんも「勉強やってるのにこれじゃ学校は辞めて働いてね。」と言いやすくなりますよね。
だから、これから進学先を決めるときに「絶対評価」なのか「相対評価」なのかを検討する事も必要だと思います。
まずは「勉強は自分の為にやるものなので、自分の勉強の成果を正しく評価される事が当然である。」と考えましょう。
また「勉強を周囲に言われたからやっているなら、今すぐに他の人に譲り働く事を選ぶ事が当然である。」と考えましょう。
少しづつ、良い学校を出たら将来が保証される時代は終焉を迎えます。
これからは、自分の為になる良い勉強をして、将来の選択肢を増やす事が希望が持てる唯一になると思います。
2020年10月24日 09:54
安心安全で快適な自習室「ミニッツ」

【受付場所】
神奈川県横浜市戸塚区
戸塚町16-1
トツカーナモール2F
自習室ミニッツ1号店

【TEL】
045-435-5325

【利用時間】
※店舗、曜日によって異なる。
(それぞれのページをご覧ください。)

ご利用案内

モバイルサイト

安心安全で快適な自習室「ミニッツ」スマホサイトQRコード

安心安全で快適な自習室「ミニッツ」モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!