安心安全で快適な自習室「ミニッツ」| 神奈川県横浜市

スタッフ常駐、会員登録制、全席禁煙、フリーWi-Fi、フリードリンクサービスで安心安全な空間をご提供

Brw

HOME ≫ 自習室「ミニッツ」ブログ② ≫

自習室「ミニッツ」ブログ2

本当に大変

こんにちは。
本格的に資格試験開始のようですね。
また学校の登校も始まり、入試に関しても出題範囲があらかた決まって来ているようです。
1日12席のみのご利用規制にて営業しているので、満席なんて事もありそうですね。
最近は、お好きなお席で終日ご利用されるのに、受付開始を並んで待つほどではありませんが早くからご来店される方も多くなっています。
また、お得な回数券なども販売開始しましたので、その内に使うかもと考えている方は会員登録だけでもしておいて下さいね。
ミニッツでは、会員証をお持ちの方の受付が優先となりますので、受付がかさなった重なった場合は未登録の方はご案内が後になります。
予めご了承下さい。
さて、様々な事がだんだんと通常に戻りつつあるようですが、新しい働き方のリモートワークや在宅勤務の導入に関しては試行錯誤が続いているようです。
1人当たり7万円程度の経費が必要と言われるオフィスへの通勤による勤務に比べると、リモートワークや在宅勤務のメリットは大きいという事でしょうね。
しかし、対象となるのは3割程度の従業員のようで、すべての従業員が在宅勤務やリモートワークになるのはまだまだ先のようです。
もちろん、常に在宅勤務やリモートワークではなく、交代制勤務といった感じになると思いますよ。
在宅勤務やリモートワークに関しては、企業側のメリットはありますが従業員側のメリットもあります。
従業員側のメリットは「通勤時間がない。」という事に尽きるでしょう。
往復2時間の満員電車でのストレスから解放され、毎日2時間という時間が使えるようになるのですからメリット大ですよね。
しかしその反面「公私の区別がつけにくい」という方も多いようで、会社であれば残業扱いであってもなかなか残業申告がしにくいといった感じがあり、行き過ぎると問題が起こりますが公私の明確な線引きは必要だと感じました。
また、お子さんがいるご家庭では、家での仕事は難しい又は困難だと感じる方がほとんどのようです。
日本の住環境の問題が一番なので、やはり改善するには仕事をする場所の確保は必要となるでしょうね。
大学進学の受験生でも、兄弟や姉妹がいる場合は自宅での勉強が難しいとミニッツを利用しています。
仕事をする社会人でも、根本的には「仕事をする場所問題」が一番にあるのでしょうね。
仕事の場合は、何処でも良いといった内容から、企業イメージの観点から場所を選ぶものまで色々とあると思います。
何処でも良いのであれば場所は沢山ありますが、場所を選ぶ中堅クラス以上の業務内容であれば探すのも一苦労ですよね。
これから、在宅勤務やリモートワークなどの新しい働き方の導入に備えて、仕事ができる場所を確保しておくことも大切でしょうね。
新しいって、慣れるまでは本当に大変です。

 
2020年06月19日 10:35

コミュ力?

こんにちは。
緊急事態宣言解除で、どこも通常営業になって来ましたね。
ミニッツは?
まだまだ通常営業には程遠い感じだと考えています。
お喋りはしないし顔を対面する席もないので、お客様からは通常営業でも大丈夫ではと言われますが、大事な勉強をされている方が多いので悩ましいところです。
他の自習室やコワーキングスペースでは通常営業になっているようですが、もう少し第2波への様子を見てから通常営業に戻そうと考えています。
もうしばらくお待ち下さい。
さて、新型コロナ感染で経済や生活スタイルもどんどん変わって来ています。
俗にいう「陰キャの時代」なんて言っている人も無きにしも非ずといったところです。
何かと話題の「フワちゃん」のようなコミュ力があると言われる人もいますが、反対に人と会話したり接したりするのが嫌な真逆の人もいます。
新型コロナで、この二極化がハッキリと見え始めているのかも知れません。
今までは、仕事に必要不必要に関係なくコミュ力を求められていましたが、在宅勤務や在宅ワークが導入されることによりコミュ力の必要性が減少して来ているように思えます。
在宅勤務や在宅ワークでのオンライン会議で、コミュ力と勘違いしてあんな発言やこんな発言をしてしまって後悔した経験もあるでしょう。
なれないからと許されれば良いのですが・・・。
社会人ともなればそうもいかないですよね。
オンライン会議上での発言ほど怖いものだと、今一度気を引き締めて下さいね。
しかし、最初にオンライン会議と通常の会議の違いを考えていれば失敗はなかったと思います。
オンライン会議では仕事の進め方や問題解決に向けての主張や分析をするだけが一般的ですが、通常の会議では前述にチーム相互の人間関係構築も兼ねているのです。
これが分かっていると、オンライン飲み会とオンライン会議は違う事だからあんな発言やこんな発言はしなかったでしょう(笑)
なので、これからは仕事とプライベートを壁で完全にわけるくらいの感覚を持たないと大変な事になってしまうと言われています。
新入社員がオンライン研修が終わりいざ出社して、上司の机の掃除を言われ即時退職届を提出なんて事があるのもこの為なのです。
上司の机を掃除して給与をもらえるなら良いと感じる人と、そんな仕事以外をさせるのは屈辱的で間違いだと感じる人もいます。
その比率が変化して来ているのも、在宅勤務や在宅ワークが導入された事による結果なのかもしれません。
これからは、会社という仕事を配る組織と、配られた仕事を完成させることにより成果としての給与を受け取る社員といった関係のみが成立する時代になっていくかも知れません。
時間の経過は本人の問題であって、会社は仕事の完成に対してのみ評価するといった感じでしょうか。
そうなると、上司と部下、新入社員と先輩社員の関係性も変わってしまいます。
仕事の初めの一歩は教えても、後は自力(自習勉強)で仕事を完成させる必要が生まれるでしょう。
そこには、教えてもらっていないので出来ませんは存在しなくなります。
上司は部下がどれだけ完成できるかを管理して、会社や先輩社員は新入社員の初めの一歩だけを教える。
コミュニケーション不要なので、それ以外は関与する必要もなくなり、与えられた仕事を完成させられない社員は給与が下がり続けてしまうでしょう。
言い方を変えると、決められた仕事内容と時間の共有以外は、お互い関係のないことであり関心を持ってはならないくらいの感覚であると思って間違いないです。
以前も「ジョブ型雇用契約」が始まっている話をしましたが、雇用される側の意見や要望、世論などを鑑みた結果なので致し方ありません。
様々な意見がある中で、社内のコミュニケーション不必要論の最終形態として、これから多くのタイプのジョブ型雇用契約が採用されるのでしょうね。
2020年06月16日 14:02

外見による仕事評価

こんにちは。
梅雨入りしたら、毎日暴風雨みたいになってますね。
梅雨はしとしと雨が降るイメージですが、ここ数年は洪水が起こったりと台風みたいな感じですよね。
戸塚には柏尾川があるので川の氾濫には注意しています。
これからの季節、川や崖のそばの方はご注意下さいね。
さて、昨日は東京都で47名の感染者が出ましたね。
なかなか減少しないので、ミニッツの時短営業はまだまだしばらくは続きそうです。
気にしないで通常通りやれば良いとのご意見は頂くのですが、このまま終息なら通常通りに戻すのですがなかなか難しいですよね。
スタッフの通勤リスクなどもあるので、ご不便をお掛け致しますが今しばらく時短営業にてご利用下さいね。
ところで、みなさんの通勤はどうなのでしょうか。
時差出勤や在宅ワークを導入継続されていますか?
新社会人で、出社していきなり「思っていた会社ではないので辞めます。」なんて事もちらりほらりと聞きます。
ZOOMなどを使った会議での様々なハラスメントなどもあって辞め方もいるようです。
なれないと色々な問題が出るようですね。
また最近、人種差別問題が大きな問題となっていますが「人種」だけではなく外見に対する差別や評価に関しても問題視されています。
例えば「イケメンだからね。」「可愛いからね。」なども、今後は差別的な外見評価となって来るでしょう。
気軽に声を掛けたら「それって差別的です。」と真顔で言われますよ。
すでに企業によっては「外見による差別防止研修」を行っているところもあります。
ハラスメントだけではなく、外見による差別的言動や評価などと、これから仕事をする上で学ばなければならないことが多くありますね。
仕事さえ出来れば良いといった考えにもなるのでしょう。
これらは賛否両論があるとは思いますが、グローバルスタンダードと考えると必要な評価基準になって来るかも知れません。
○○だから評価しないのではなく、○○だけどそれは関係なく仕事の結果のみで評価するといった感じですね。
逆に、愛嬌では誤魔化せないシビアな評価になるのでしょう。
働く側としてはどちらが良いのでしょうね。
少なくとも、仕事のみで評価してもらえる点では良いのかも知れません。
2020年06月15日 14:06

当たり前って?

こんにちは。
第2波は今のところ大丈夫そうですね。
でも、いつ感染拡大するかわからないので予防対策はしっかりしましょうね。
ミニッツはもうしばらく時短営業とさせて頂きます。
でも、試験の追い込み時期などは対策を講じようと考えています。
HPやTwitter、Instagramなどをチェックして下さいね。
さて、この夏は海水浴場が閉鎖されるなど、行楽などに関しても今までの夏とは違って来ますね。
鎌倉のアジサイも様々な規制を設けて、県外の方がは入れなかったりもしているようです。
コロナによって、当たり前が当たり前ではなくなっていますね。
高校入試や大学入試に関しても、出題範囲が狭くなったりしています。
最終学年で覚えるべき漢字全てが除外されるなんてことも。
逆に、中身が濃い試験問題になるので、しっかりと基礎を勉強しなければなりませんね。
そんな当たり前が当たり前でなくなる事で、在宅勤務や在宅ワークなどが注目されています。
実際、本格導入している企業は少ないのですが、戸塚で有名な電気メーカーや大手化粧品メーカーなどは導入しているようです。
最近では、ジョブ型雇用契約とでも言うのでしょうか、決められた仕事内容が完了すれば満額の給与が支給される雇用契約になりつつあります。
その為、結果が出せない従業員は給与が減り、結果を出せても職位が下だと昇給はほとんどないという契約になってしまっているようです。
給与を増やすには、職位を上げるか転職していくかという事になるようです。
コミュニケーション能力などの、仕事内容の結果にコミットしない事は無駄になってしまう働き方改革かも知れません。
しかし、コミュニケーションなどを面倒に感じる世代には、素晴らしい働き方改革になるのかも知れませんね。
ともあれ、当たり前だった事が当たり前ではなくなる時代に突入するようなので、昭和のサラリーマンは意識改革をしなければいけません。
一生懸命に働く姿を見せるよりも、効率的に結果にコミットする働き方をしなければ費用対効果が得られなくなるでしょうね。
インセンティブの時代?
違います。
能力主義で結果オンリーに変わっていくのでしょう。
「時間×時給」ではなく「結果=その価値(給与)」になっていくのではないのでしょうか。
この先は、残業するだけで給与が増えるのは、当たり前ではなくなってしまうのでしょうね。

 
2020年06月12日 15:57

中止や延期で気が抜けて

こんにちは。
昨日も今日も暑いですね(・_・;)
マスクをしていると息苦しくて・・・。
でも、感染して苦しむよりはまだマシだと思いちゃんと着けてますよ。
最低限、ソーシャルディスタンスと外出時のマスク着用で第2波の予防対策をしましょうね。
さて、1号店自習室ミニッツにも、受験生や資格試験を受ける社会人の方が多くなって来ました。
先週までは、毎日一人二人くらいでしたので、これが続けばコロナ倒産件数の+1になるかと思ってましたよ。
しかし今週は一変して、新規登録の受験生や資格の勉強を中断していた社会人の方が多くなってほっとしています。
学生さんに話を聞くと「分散登校で時間が空くので自習室を探してました。」といった方が多いですね。
学校の下校登校のタイミングで、上手くご利用頂けているようです。
そして社会人の方はみなさんは怒っています。
時間を掛けて、試験日目指して勉強していたのに「中止」「延期」etc.ですからねぇ。
このままだと・・・ねぇ。
やっぱり、集中して頑張って来たので気が抜けてしまいますよね。
そんな時は、集中出来るミニッツで抜けた気を入れ直しませんか。
2020年06月10日 14:18

あらーと

こんにちは。
東京アラートが発せられましたが意味がわからないと・・・。
真意の程はわかりませんが「緊急事態宣言が解除になりましたが、終息していないので各自行動に注意しましょう。」という注意喚起ではないのでしょうか。
元通りの生活スタイルが可能になったと勘違いして、物凄い速さで感染拡大の第2波が来てしまったら自粛疲れに逆戻りですからね。
しかし今日は「それはわかっているけど、今朝の満員電車では防ぎようにない。」と言われている方が実に多かったようです。
経済回復優先はわかりますが、夜の接客を伴う飲食店の問題と同じくらいに、各企業が働き方を変えていくように努力する事も大切だと思います。
4月~5月に試験的に導入された在宅勤務や在宅ワークなどは、今後も導入すると考えている企業は然程多くないようです。
100%でなくとも、せめて30%~50%の導入が出来ればかなり変わって来るとは思います。
そうは言っても、決まった場所へ出勤しなければ仕事にならない方もいらっしゃいますので、すべての企業が導入出来る事ではないでしょうね。
私生活の新しいスタイルも難しいとは思いますが、同じように新しい働き方もなかなか難しいと感じました。
さて、新しいスタイルなんて言いながら、なかなか思いつかないのが新しいスタイルの自習室なんです。
自習室に行かずに、ネットワークカメラで利用者の手元だけを写しているインターネット自習室がありますよね。
自習室を利用する意味や意義の一つとして「みんなが頑張っているから自分も頑張ろうと思える。」があるのでインターネット自習室は新しい形の自習室と言えるでしょう。
それにこのコロナ禍では、ソーシャルディスタンスにも当てはまるので良いと思います。
しかし、ミニッツの思う自習室の意義や意味では何かが足りないので「インターネット自習室ミニッツ」はちょっと。
例えば、仕事だけで考えれば「ネット面接」「在宅経理」「在宅総務」「ネット営業」「ネット会議」など様々な事は即時導入出来る事として考えられます。
でも、会社に行かないと何かが足りないと感じませんか?
なかなか在宅勤務や在宅ワークにならないのは、その場所に行く意味や意義があるからなんでしょうね。
勿論「足りないなんてないでしょ。」と思う方もいるでしょう。
しかし100%だから無理が生じ、0%だから時代に合わないのではないでしょうか。
30%~70%が一番良いのかも知れませんね。
白か黒も大切ですが、グレーの幅がある方が窮屈に感じませんよね。
2020年06月08日 13:41

感覚の違い

おはようございます。
資格試験の日程が決まり始めて、1号店の自習室ミニッツをご利用される方も増えてきました。
受験生の親御さんのご質問も多く、受験シーズンの始まりですね。
また2号店の仕事&勉強ミニッツには、在宅勤務や在宅ワークの方をはじめ士業の資格勉強や、大学生が卒業論文などをやるのにご利用されています。
みなさん、1号店と2号店の特徴をご理解頂き便利にご利用されています。
ミニッツには、会員登録と利用登録があるのでご注意下さいね。
でも、登録には手数料があるというイメージですがミニッツには登録料などはありませんよ。
必要なのは身分証明書です。
お忘れなくご来店下さいね。
さて、仕事&勉強ミニッツに関して、勉強利用が出来ないイメージがあるようですが、自習室ほど静かではありませんがカフェなどで勉強するよりは静かですよ。
但し、受験勉強なら年齢制限があるので、大学受験の高校3年生以上しかご利用頂けません。
緊急事態宣言でカフェや図書館が利用出来なかった時に、自習室ミニッツや仕事&勉強ミニッツをご利用頂いた方はさほど多くなかったので、カフェで勉強という表現は違うと思いました。
やはり、自習室やコワーキングなどで勉強や仕事をする方とカフェで仕事や勉強する方は、根本的な場所選びの感覚が違うのでしょうね。
まだまだ新しい感覚の場所なので、一度試して頂くのが一番良いとは思います。
2020年06月06日 10:05

必要なモノって?

こんにちは。
雨の6月1日ですね。
外出自粛の日々が続いていたので、もう梅雨なんだと思ってしまいました。
梅雨が終わっても、海水浴や花火大会もイマイチ自粛ムードのような感じですね。
終息するまでは繰り返しになるようで、新しい生活スタイルや新しい働き方を考える必要がありそうです。
一部の企業では、在宅勤務やリモートワークを導入して、オフィスを少なくする事を考えているようです。
従業員一人当たり7万~8万は掛かる経費削減をするようですね。
オフィスの面積を減らすのが良いのか、従業員を減らすのが良いのかの判断は難しいと思います。
しかし、オフィスの面積を減らせばなじみがない在宅勤務や在宅ワークになりますが、気を付けて頂きたいのが仕事をする場所にソファーやベットを置かないという事です。
ネット環境を使った様々な働き方に問題も多くなっていますが、やはり自宅は休息の場所の感覚があるので気を付けないと支障が出てしまいます。
いつの間にか寝込んでしまった顔をさらさないように気を付けましょう(笑)
さて、そんな中で「いま必要でないと思うモノ」というアンケートをITmediaさんが調査されました。
いまは必要でないと思うモノはオフィスなんて期待しましたか(笑)
いえいえ違います。
女性と男性の1位は29歳以下「車」、30代「学歴」、40代「学歴」、50代「学歴」、60代「資格」だそうです。
30代以降に関しての「学歴」と60代の「資格」は「いま必要でない」というより「もう必要でない」のかも知れませんね。
就職する為の「学歴」や「資格」なので、22歳以下ではまったく違う結果になると思います。
それを物語るように、29歳以下で「いま必要でないと思うモノ」の上位5位までに「資格」が入っていませんでした。
逆に、女性の29歳以下ですと2位に「学歴」で男性の29歳以下ですと3位に「学歴」が入っています。
就職が決まれば、学歴よりも資格といった感じなのでしょうね。
しかし、一つの疑問が浮かびました。
30代~50代で既婚でお子さんがいる親御さんなのに・・・「いま学歴は必要ないと思うモノです。」(笑)
結果的には「いい会社に就職するには・・・。」「いい仕事に就くには・・・。」やはり学歴社会なのでしょう。
そして、実社会に出ると資格がものを言うようになるのでしょうね。
さらに、ある程度の年齢になれば「学歴」や「資格」よりも必要なモノが出て来るという感じなのでしょう。
また、ほとんどの年代に「生命保険」が入っていたのが安心しました。
安心???
保険会社さんに悪いでしょなんて言われそうですが、考えると各年代でこのアンケートにご協力を頂いた方のほとんどが「生命保険に入っていて良かった。」と思うような事がなかったと言えるからです。
生命保険のみならず保険という金融商品は、何か事があった時に「入っていて良かった。」と思うモノだからです。
もしも悪い事が多ければ、結果的に「いまは必要ではないと思うモノ」にランクインしなかったと思います。
少なくとも、良いことが多かったのだと感じましたよ。
では学歴や資格はどうでしょう。
勉強をして得た学歴や資格は、ないよりはあった方が良いと思うモノではないでしょうか。
ちなみに最下位は「お金」だそうです。
これも、ないよりはあった方が良いと思うモノだと思いますよ。
2020年06月01日 16:09

緊急事態宣言解除したけど

こんにちは。
神奈川県も緊急事態宣言解除となり数日が経過しましたね。
街には多くの人が往来して、通勤電車も日に日に密になって来ました。
経済回復を一早くと、感染拡大防止策を講じる事を同時に行うのはなかなか難しいです。
第2波が来ない事を祈るしかないでしょうね。
まだまだ元には戻れないと考え、ミニッツは段階的に自粛営業解除をする事にしました。
まずは、6月より臨時休業日になっていました金曜日を営業致します。
その後、感染拡大の第2波の状況を見ながら通常通りの営業に戻して参ります。
ホームページなどにてご案内を致しますのでご覧下さいね。
さて、資格試験なども様子を見ながら実施するようですね。
予想していた通り、いきなり試験日って事になりそうです。
そして、順次登校も始まり新1年生はやっと学校に行けると喜んでいる事でしょうね。
その反面、授業再開で何かと心配になっているのは最終学年の受験生ですね。
もちろん、授業がないからと勉強していない人はいないと思います。
しかし、受験勉強と卒業する為の勉強が同時に存在するのはなかなか大変ですよね。
昨年あたりは、遅くても夏休みから受験勉強に専念出来ていたのが、夏休みまで通常通りの授業があるので勉強時間はあまりとれません。
受験生のみなさんは上手く予定を組んで頑張りましょうね。
そして大変なのは社会人のみなさんも同じなんです。
在宅勤務や在宅ワークにやっと慣れて来たのに、元の勤務スタイルに完全に戻す企業も多いようです。
逆に、オフィス大きくしたり店舗の数を増やすことが成長だという考え方に変化が生まれ、オフィスビルやテナントビルの退店が増えていくようです。
新規出店や事業拡大も当面は控えるでしょうからビルオーナーも大変な時期になってきますね。
特に、新型コロナ感染拡大に関係なく空室があるビルは大変だと思います。
営業開始になればと思う方がほとんどでしょうけど、思いも付かない目に見えないような経済の悪化が進んでいるのだと思います。
考えたこともないような、北海道の高級小豆生産者までもコロナ不景気の波を受けているようですからね。
じわじわと緊急事態宣言解除の後から様々な問題が出ると思いますが、在宅勤務やリモートワーク、配信授業などの新たな生活を多少なりとも取り入れて最悪の状況にならないようにしましょうね。
緊急事態宣言解除はしましたが、1ケ月半の努力が無駄にならない為にも、いきなり元の生活ではなく少しづつ元の生活に戻していきましょうね。

 
2020年05月27日 12:54

ずっと繋がる

こんにちは。
緊急事態宣言の解除もあと数県になりました。
25日に解除になれば良いと思っています。
しかし、終息した訳ではないので自主的に自粛しながらの生活になるでしょうね。
今までよりも少し自由になる感じですね。
元の木阿弥にならないように気を付けましょう。
さて、収束に向けて一歩ずつ進んでいますが、資格試験日が決まり始めているようです。
まだ確定とまではなっていないのでチェックはしましょうね。
そして、受験生のみなさんはしっかりと試験があるようですね。
受験生の中には、不安を抱えて受験日の先延ばしを希望されている方もいらっしゃいますが、自習勉強で1年間の勉強を予習されている方も多くいるようなので平等を期すためにも受験日に変更はないみたいです。
自習勉強が苦手だと大学に進学してから苦労するので、受験勉強は極力自習勉強で頑張りましょうね。
大人の自習室なのに「受験勉強は極力自習勉強で」なんて変だと思われるでしょう。
しかし、大人(社会人)になってからの仕事や社内テスト、資格取得などは全て自習勉強が当たり前になるので、学生時代から自習勉強の癖をつけていた方が良いという事なんです。
小さな親切、大きなお節介ですか(笑)
まぁ、受け手側の問題なので強要も強制もしませんが、学生時代の勉強スタイルと大人(社会人)になってからの勉強スタイルは大きく異なる事だけは知っていて下さいね。
そして「勉強したいから」「働きたくないから」「学歴が欲しいから」など色々な進学理由がありますが、卒業する時に何を得たのかによって進学して得た価値も変わります。
もちろん、生活スタイルや進学した意味も変わります。
それらを理解した上で、しっかりと受験勉強をして合格して下さい。
勉強は選択肢を増やす為にする事なので合格で選択肢が一つ増えます。
そして、卒業する事でまた選択肢が一つ増えます。
さらに、就職で一つ増えるといった感じです。
そして就職すると、選択肢を増やす為に仕事について勉強をしなければなりません。
もちろん、仕事だけではありませんが。
このように、大人(社会人)になると、学生時代の自習勉強はとても役に立つのです。
今やっている事は将来の意味に繋がっているので、学生時代は自習勉強をするようにしましょう。
やらなければ、それも将来の意味に繋がります。
2020年05月23日 10:53


安心安全で快適な自習室
ワーキングプレイス
「ミニッツ」

国家資格・難関校受験 在宅・リモートワーク
【自習室所在地】
神奈川県横浜市戸塚区
戸塚町16-1
トツカーナモール2F

【TEL】
045-435-5325
【営業時間】
自習室ミニッツ
平  日13:00~23:00
土日祝日10:00~20:00
仕事&勉強ミニッツ
平  日13:00~22:00
土日祝日10:00~19:00
【定休日】
1月1日
施設点検日

ご利用案内

モバイルサイト

安心安全で快適な自習室「ミニッツ」スマホサイトQRコード

安心安全で快適な自習室「ミニッツ」モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!