安心安全で快適な自習室「ミニッツ」| 神奈川県横浜市

スタッフ常駐、会員登録制、全席禁煙、フリーWi-Fi、フリードリンクサービスで安心安全な空間をご提供

Brw

HOME ≫ 自習室「ミニッツ」ブログ② ≫

自習室「ミニッツ」ブログ2

進路は将来を左右するでしょう

おはようございます(^^)
大学入試センターの発表によると、来年1月19日と20日実施のセンター試験確定志願者数が、前年度より5842人少ない57万6829人だったと発表がありました。
さらに、来春に卒業予定の現役生は8621人減の46万4949人、既卒者は2734人増の10万6682人とのことでした。
現役に占める志願者の割合は44%で、過去2番目に高い水準だったそうです。
さらに、センター試験を入試で使う国公私立大は703校で過去最高だそうです。
これから、多くの学校がセンター試験を扱うようになる傾向を、表している感じですね。
そして、受験生やその親も、国公立大や早慶MARCHを目標にするのが、大学選びの基準になりそうだと思います。
そこで、注目の中学受験についての事です。
公立中高一貫校の場合は、ほとんどが中学と大学の二回の入試になるので、高校受験がなく大学受験までの勉強時間に余裕が出来ると思います。
また、早慶MARCHなどの大学付属中高は、基本的には中学受験のみと考えれられるので、学生生活に余裕が出来ると思います。
もちろん、他の大学を受験する事も可能なので、選択肢は増えるのです。
そして、中高一貫校の一部の学校では、授業を真面目にやっていれば塾に通う必要がなく、自習すれば学力は維持向上出来るとの考えから、塾に行く事を禁止しているところもあるようです。
進路に関しては、親だけが考えるのではなく、遅くても小学校3年生くらいから、高校受験と大学受験をするか、中学受験と大学受験をするか、中学受験だけするかをお子さんと話して、本人の意向を聞いて上げましょうね。
その時には、今から勉強しなければいけない事や、掛かる費用などを説明出来るように、親として下準備をしておいた方が良いと思います。
例えば、小学3年生から塾に行かせる費用、公立中高一貫校と私立付属中学に行かせる費用、公立中学に行かせる費用など、塾の費用や受験費用などもあるので、早目に家族計画の原案だけでも作ると良いと思いますよ。
また、大学の付属中高一貫校であれば、本人がしっかり勉強すれば、大学進学が出来る前提になるので、見落としがちな浪人生活に掛かる費用は加算しなくて良いと考えましょう。
やはり、勉強癖を付ける事と同様に、まだ早いからとかそのうちなどと考えていると、気付いた時には手遅れになる場合もあります。
これは、お子さんの受験に限らず、資格取得に関しても同じ事が言えますので、早目の決断は大事だと思いますよ。

2018年12月13日 10:52

来年から?

おはようございます(^^)
寒さで、受験シーズンを感じますね。
学生さんは、猛勉強して悔いが残らないようにしましょう。
再来年、受験を控えている方は、そろそろ始めた方が良いと思いますよ。
さて、来年は『勉強癖を付ける。』とか『勉強癖を付けさせる。』と考えている方も多いと思います。
しかし、そもそも勉強というのは、脳が『面倒な事』と感じているのが大半の人なので『勉強のルーティン化』はなかなか難しいのです。
さらに、楽な事と大変な事を天秤にかければ、誰でも楽な事を選択してしまいます。
そして、周りに『勉強が苦手な人』や『勉強に集中出来ない人』『勉強をやる気がない人』といった方がいるだけでも、勉強が苦手になったり、勉強に集中出来なくなったりしてしまうのです。
聞いた事があるとは思いますが『朱に交われば紅くなる』と言います。
勉強が嫌いな集団にいれば、勉強が嫌いになります。
また、勉強に集中出来ない集団にいれば、勉強に集中出来なくなります。
例えば、集団で『勉強より遊び』といった考えがあった場合、元々勉強が苦手な人なら『勉強はなんとかなるから、みんなと遊びを優先しよう。』と楽な事を選ぶでしょう。
しかし、テストや就職活動などになった時に『自分だけテストがダメだった。』『内定がなかなかもらえなかった。』などとなる事もあるでしょう。
親からすれば『あんなのと遊んでいるからよ。』と思わず言ってしまいそうですね。
これが『朱に交われば紅くなる』です。
しかし実は、他の人は『勉強より遊び』ではなく『しっかり勉強して、しっかり遊ぼう』といった考えだったのです。
本人が、勉強が苦手だった為に、話を鵜呑みにして間違って捉えた事で『勉強より遊び』となってしまっただけだったのですね。
さて、何が違うかといった事になるのですが、友達は『勉強のルーティン化』をしていたので、脳のスイッチがあったと言う事なのです。
この脳のスイッチが、将来の様々(特に学校や企業)な成績などに影響する事にもなるのです。
また、日本企業が学歴主義になったのも『楽より苦を選び頑張って来た人』といったイメージもあるようです。
ちょっと考えれば、人を選ぶ時に『楽ばかり追い求めた人』と『苦を乗り越えた人』ではイメージが違いませんか?
これが『勉強のルーティン化』の目的になるのです。

目的を把握して、頑張りましょうね。

そう、考えているだけで、何もしなければ何も始まりません。

まずは、勉強癖を付ける為に、机に向かいましょうね。

2018年12月11日 10:22

ホウレン草のお浸し

こんにちは(^^)今日のお昼は何ですか?
ホウレン草のバター炒めだったりして!?
って事で『ほうれんそう』って知っていますか?
来春からビジネスパーソンになる方は、知っていて当たり前の「報告、連絡、相談」ですよね。
これが出来ないビジネスパーソンは、会社や上司、周囲の仲間に迷惑を掛けてしまう事になるので、新入社員の義務と思ってやりましょうね。
では、現在ビジネスパーソンの方は『ほうれんそうのおひたし』って知っていますよね?
SNSで話題になったので、ほとんどの方は参考にされているとは思います。
昭和から平成になり、また新たな年号に変わります。
そして、働き方改革や外国人労働者の受け入れなどグローバル化も進みますよね。
上司が『給料泥棒!』なんて言った瞬間に、パワハラで訴えられるそんな時代なんです。
まぁ、パワハラ、セクハラ、モラハラetc.
SNSって・・・。
あまり感心のない方でも、このブログは読んで頂いてるかも知れないので『部下に怒ったり、説教したりしてはいけないの?』なんて考えている方の為にまとめてみました。
では『ほうれんそうのおひたし』を改めてご紹介します。
新入社員には
『ほう』報告
『れん』連絡
『そう』相談
を教えますよね。
それのお返しが『おひたし』なんです。
『お』怒らない
『ひ』否定しない
『た』助ける
『し』指示する
勘違いしないで欲しいのは、怒らないと叱らないのは別だと言う事です。
マナーがあれば、上司に対する信頼感なども出来ます。
だから
ほうれんそうをさせるなら、おひたしをしましょう。
やらせるからやってあげましょう。
働くから給与を払いましょう。
すべて、義務を履行する事によって、権利が生まれる事を前提に考えれば、上手くいくと思いますよ。
義務と権利の関係は、ビジネスパーソンに重要な事なので『ほうれんそうのおひたし』と一緒に教えられると思います。
同時に、パワハラやモラハラなどのハラスメントに関しては『おひたし』を使って、感情行動をしないことを前提に、You(あなた、お前は、など)メッセージをI(私、会社として、など)メッセージに変える事で、ハラスメントも回避出来ると思います。
例えば
『君は、どうして効率が悪いんだ。』
は(君は)といった、パワハラに近い怒っているようなYouメッセージですが
『私は、もっと効率的に出来るかと思っていた。』
と変えると(私は)といったIメッセージに変わり、怒っているイメージも薄くなるのです。
さらに
『何か問題でもあるのか?』
と付け加えて
『実は◯◯といった事があるので。』
と相談された事を否定せず
『では、こうやったら改善出来るはず。』
と指示を出せば良いのです。
そして、常に『ほうれんそう』をやってくれるから『おひたし』が出来る事を、繰り返し教える事も大切です。
これで、義務と権利を教える事や、ハラスメント回避と『おひたし』を行う事も出来るのです。
こんなの面倒臭いなんて思っていると、ハラスメントで訴えられますよ(笑)

2018年12月10日 12:17

やる気スイッチ?なければ作りましょう。

こんにちは(^^)
年末年始は、楽しみたいですよね。
でも『今日くらいは・・・』と考えてしまうと、もう受験を諦めた方が良いのかとも思ってしまいますよね。
いえいえ、秘策があるのです。
それは、気持ちの切り替えスイッチを作ってしまう方法なのです。
それって、CMで『君のやる気スイッチ』なんてのと同じでは?
と思いますよね。
ちょっと違うんです。
例えば、必ず机に向かってする勉強のルーティン化がある人は、机に座ると勉強をするスイッチが入るそうです。
これは条件反射と言うのですが、訓練や経験によって後天的に獲得出来る反射行動のことなのです。
一度は『パブロフの犬の実験』は聞いた事があると思います。
ベルを鳴らし、餌を与えるという事を何回も行うと、ベルを鳴らしただけでヨダレだらだらになるといった事ですね。
これは
ベルが鳴る→餌をくれる→食べれる
といった事なのです。
えっ!?
人とは違うでしょ?
なんて傷付いたと思いますが、哺乳類の中でも高等生物にしか起こらないと考えられていた反射行動なのです。
しかし、アメフラシ、ゴキブリ、プラナリアでも、反射行動が獲得できることが、研究結果として解ったのです。
これって、すごい事なのですよ。
脳ミソが『アメフラシ以下だから』とか『ゴキブリ以下だから』とか『プラナリア以下だから』なんて言い訳は、一切通じない事も研究結果として解ったのですから(笑)
さて、誰でもこの反射行動を身に付ければ、どんなに勉強をする気持ちにならなくても『やらないと・・・』と思う事が出来るのです。
机に座るだけで、脳の海馬にある『場所ニューロン』が『ここに座れば勉強する。』ということ場所情報を元に
決まった場所→座る→勉強する
といったように、場所と行動情報を呼び起こしてくれるのです。
従って、いつも勉強をしている机に向かえば『いつも勉強をしている机に座ったんだな。では、さっそく勉強をしなくてはいけない。』と脳が反射行動をしてくれるのです。
しかし、決まった場所又は似たような場所で、必ず勉強する必要があります。
昨日はリビング、今日はコタツ、明日はベットで横になっては、反射行動にはなりません。
また、決まった場所で勉強していても、勉強以外の事をしてしまうと行動情報が曖昧になってしまうでしょう。
必要なのは『決まった場所の、決まった机で勉強する』といった事なのです。
勉強嫌いなお子さんにも、効果的だと思いますよ。

2018年12月09日 13:36

えっ!?楽しいが良いに決まってる。その時は・・・

こんにちは(^^)
受験生には、あまり時間がないのでストレートに言いますね。
これまで、頑張って身に付けルーティン化させた勉強は、中断したり止めたりしてはいけませんよ。
誰でも、特別な日であれば『今日くらいは。』という気持ちになってしまうと思います。
中には『今日くらいは、勉強しなくたって良いんじゃない。』とか『たまには息抜きに、勉強を中断して遊びに行きましょう。』などと、お子さんが断れないような誘惑をされる親御さんもいらっしゃいます。
しかし、さぼった時間を取り戻すのに、本人は3倍くらいの時間はかかるのです。
特に、勉強や仕事は、1日さぼるとそれを取り戻すのに3日以上は掛かります。
実は、一度さぼってしまうと心に甘えが出来てしまい、次第に『2日くらいなら・・・』『3日くらいなら・・・』とさぼることが増え、ついにはせっかく積み上げた勉強のルーティン化を、台無しにしてしまうことさえもあるのです。
さらに、いざ机に向かうと『なんで楽しい事を我慢して勉強しなければならない。』や『やりたい事を我慢して勉強する意味は何だろう。』などと、勉強に向かう姿勢や意味さえすら、一瞬で失せてしまう事もあるのです。
人は『ツラい』『苦しい』などの気持ちと『楽しい』『楽チン』などの気持ちを天秤に掛ければ、必ずと言って良い程に『楽しい』『楽チン』を選んでしまうのです。
勉強というのは、ルーティン化するのは大変ですが、崩してしまったり、無くしてしまったりするのは、物凄く楽に簡単に出来てしまいます。
だから、言い訳の口実がそこらにあり、周囲の影響を受けやすい楽しい12月や1月だからこそ『一時の楽は、3倍の苦労』を思い出して下さいね。
そうです。
楽しい事が盛り沢山の、12月から1月は『ここまでやったから大丈夫』などと有頂天になりやすい時期でもあるのです。
小学生や中学生、高校生は特に、一生に一回の進学受験になるので、今年だけは『今までやったから大丈夫。』などと楽しさを優先してしまって、試験当日に後悔しないようにしましょう。
ツラいでしょうが、入試が終わるまで、受験勉強の終わりはないと思いましょう。
周囲が楽しそうにしているこの時期は、心の油断という有頂天に、楽な道へ引きずり込もうとする魔物が棲んでいますよ。
だから、魔物に勝つ為にも『今日くらいは、いつもの半分はやろう。』『参考書だけでも3頁は読もう。』などと、少なくとも小さな防波堤は必ず作りましょうね。

2018年12月09日 11:36

楽しい12月♪

おはようございます(^^ゞ

今日は、ヤバいくらいに寒いですよね。

靴下の重ね履きや、セーターとダウンの組み合わせなど、防寒はしっかりしましょう。

さて寒さよりも、いよいよ楽しい年末年始ですね。

このシーズンは、クリスマスや大晦日、お正月など楽しいイベントがあります。

特に、学生さんは冬休みになるので、友達とディズニーランドに行ったり、旅行に行ったりと楽しく過ごしたいでしょう。

しかし、このシーズンには、今まで積み上げルーティン化した勉強スタイルも、そのすべて無駄になるとも言えるのです。

この時期になると、メンタルや日常生活の重要性を、楽しさのあまりうっかり忘れてしまいます。

従って、資格試験や入学試験で、12月から1月で大きく差がつくとも言われるのはその為なのです。

そこで、年末年始を楽しみながら、コツコツとした努力が無駄にならない様にするアイデアをご紹介します。

まず、原因があるから結果があるので、何故、年末年始にはルーティン化した勉強スタイルや予定が、崩れやすいのかを考えてみましょう。

その理由は、人それぞれで、また様々だと思います。

例えば、クリスマスパーティーがあったり、忘年会や新年会があったり、里帰りして家族や親戚が集まっていたり、年末年始の特番で面白いテレビをやっていたり、ラストセールや初売りなどに出かけたりと、例を上げたら数えきれなくなるくらいです。

そして、集団で行うイベントは、自分の予定を合わせる必要もあるので、自分の予定そのものも崩れて安定しなくなるのです。

そして、ほとんどの予定は、人が動き出す時間にあります。

セールに関しては、お店がオープンする時間から行きたいでしょう。

しかし、他の予定のほとんどは、昼から夜にかけてになると思います。

予定はイレギュラーであったとしても、ルーティン化した勉強に関しては、時間を変える事で継続する事が可能なのです。

そう考えれば、ルーティン化した勉強などは、朝や午前中のうちに済ませてしまいましょう。

人が動きだし集まってきたり、面白いテレビ番組が始まる前であれば集中出来るはずです。

また、朝のうちに終わらせておけば、まだやることがあると考える事なく心から楽しめますよ。

2018年12月09日 10:01

やる気があるから勉強する!?

こんにちは(^^)

今回は、1月~3月まで多くの試験があるので、かなり厳しい話になります。

まだ大丈夫や、一夜漬けでも大丈夫など、そろそろ余裕でいるのはやめませんか?

いきなりですよね。

炎上(笑)

さて、勉強について話していると『やる気がないから勉強は無理』といった事を聞きます。

そして『やる気になったら出来るのに。』とやれば出来る論になって来るのです。

卵が先か鶏が先か論と似ていますが、勉強に関しては『やりたくない』と誰しも思うのが当たり前なので、やる気になるためには勉強する事が先になるのです。

従って、本来の勉強でのやる気とは、勉強をするからやる気になれるのであって、やる気があるから勉強するのではないという事なのです。

そして、生きていれば就職試験や資格試験、センター試験、大学入試、高校入試、中学入試など色々な試験が必ずあります。

もしかしたら、恋愛や結婚などの告白やプロポーズも、ある意味試験かも知れません。

もしも、やらない言い訳や理由付けをするなら、学生ではなくなり働く覚悟をしたり、現状の不満を言わない覚悟をしなければならないでしょう。

例えば、告白試験をやらなければ恋愛にはなりませんし、プロポーズ試験をやらなければ結婚も出来ません。

やらなければ、恋愛や結婚では諦める覚悟が必要になるのです。

しかし逆に、やりたくない勉強をする必要は本来ありません。

思い切って、勉強するのをやめて、その代わりに何事も考え通りにはならない覚悟をしましょう。

でも、それは・・・と思って頂けたなら、やる気を出す為にもっとも効果がある『勉強の習慣化』をしましょう。

まずは、1日3時間は必ず勉強すると決めるだけではなく、勉強する時間帯や曜日、回数も決める事が習慣化への近道です。

1日24時間の中で3時間勉強すると曖昧に決めても、習慣化するにはかなり自分を追い込まなければ難しいと思います。

だから、この曜日のこの時間から机に向かい、この時間までは必ず勉強すると決めて、マンガやスマートフォンなどの勉強を中断させたり、勉強以外に関心を向けさせる物などは、見えない所に隔離することが重要です。

もし出来るのであれば、やる気のある人に協力してもらい、一緒に勉強をすると習慣化の近道になると思います。

最初はツラいでしょうが、勉強を継続することでやる気になると思います。

CMで『やる気スイッチ』と言われた言葉通り、勉強のやる気スイッチは『この時間に入れて、この時間に切る』といったように、自分の脳にプログラミングすれば良いだけなのです。

簡単ですよね!?

今なら、まだ間に合いますので、諦めず今この瞬間から試してみましょうね。

皆さんが、合格する事が一番嬉しい事なので。

2018年12月05日 11:53

大人って大変

おはようございます(^^)

株価変動がすごいですよね。

アメリカ経済や大統領発言で、日本も世界も影響されるのでしょう。

そうは言っても、目の前の事を頑張らないと、何も進まないのは紛れもない事実です。

さて『勉強したつもり』と『勉強した』の違いや『資格取得の勉強』や『予測や予想する為の勉強』をする大切さは理解してもらえましたか?

しかし、あれこれ並べても、考え方を勉強する事が大切だと思います。

そこで、反面教師という『勉強が出来ない人』や『勉強をしない人』の特徴をご紹介しますので、逆思考にさえなれれば『勉強が出来る人』であり『勉強をする人』になると思います。

反面教師の特徴としては 『産まれながらの天才などと、才能だけのせいだと思い込んでいる。』 『マイナス思考だけではなく、全てにおいてマイナスの言葉ばかり吐く。』 『周りは、敵しかいないと思い込んでいる。』 『メンタルや日常生活の重要性を理解出来ない。』 『やれないのに、出来ると思い込んでいる。』 『勉強をする理由が解らない。』 以上が『勉強が出来ない人』や『勉強をしない人』の特徴になります。

これらをつなげると『勉強をする理由が解らない。』といった事は『やれないのに、出来ると思い込んでいる。』とつながるので、その事で『自分を受け入れないのは周りが敵だから。』と考えてしまい、結果的に『どうせ才能もないし』などとマイナス思考に陥り、最悪の場合は犯罪行為に至ってしまう事も考えられます。

傾向としては『自分の意見や考えを、正確に相手に伝える事が出来ない又は面倒であり、さらに相手の意見や考えを理解するコミュニケーション能力に乏しい為、暴力などの力で納得させようとしたり、一方的に恫喝したりする。』といった行為に及んでしまうようです。

その根本には『根拠のない正当性』などがあります。

勉強する本来の理由は、難関受験をする事や難関資格を取得する為ではなく、自らの知識を増やす事なのです。

知識を増やす事で、生活を豊かにして、より正確な予想や予測が出来るようになる為なのです。

その結果『相手を理解し、相手に理解してもらう。』といったコミュニケーション能力が出来上がるのです。

さて、いつの間にか日本の教育が『受験や就職の為の勉強』となっていますが、今までの説明で『本来は人として成長する為』と理解出来ましたでしょうか。

従って、暗記勉強をしっかりした上で、応用勉強をする必要があるのだと思います。

また、同時に『周りは敵』だと考えず『考えを周りから吸収して勉強する。』と考え、まずは人に耳を貸すような『人の話しを聞く』といったモラルなどを勉強する事で、英語、国語、算数、理科、社会などの勉強の結果とコミット出来ると思います。

ここまで読んでも『勉強なんて意味ない。』と思われる方がいらっしゃると思います。

しかし、ひとつだけ言えるのは、産まれて今があるのは『勉強して来たからである。』ということなのです。

寝返り、お座り、掴まり立ちが出来たのも勉強したからです。

また、授乳から離乳食、みんなと同じご飯になったのもやはり勉強したからです。

そして日本語を話せるのも、親御さんや周囲の方が話し掛けてくれて、日本語の基本を勉強して、幼児教育施設や小学校、周囲のお友達がいて、一緒に勉強したからです。

そして、それは『周りはすべてが敵ではなかった。』という結果なのです。

やはり大人なら、子供に白い目で見られるよりも、学校の勉強に限らず教えられるくらいにはなりたいものですよね。

2018年12月05日 09:07

AIや外国人に仕事を奪われる? その2

こんにちは(^^)続きになります。 今まで、ブログでも『資格がなければ、生き抜く事が難しい。』と表現させて頂きました。

大卒という資格があれば、他の資格がなくても十分だと、思われる方も多くないでしょう。

本当にそうなのでしょうか。

さて、外国人労働者の受け入れに関して、治安問題など様々な問題があるようです。

前回、説明しましたが、本質的問題は働く権利の侵害といった、自分に対する不利益が多くを占めていると思います。

例えば、韓流スタートやハリウッドスターなどは、全て外国人です。

日本で仕事をする事に対して反対しませんよね。

外国人労働者と違うのは、多数なのか個人なのか、身元が解っているか解っていないか、好きか嫌いかが判断基準にある、自分の働く権利を侵害しないかなどになるかと思います。

ほとんどの人は、得体の知れない人に対する恐怖感や不安感が、負の可能性を拡大しているのではないでしょうか。

過去、貿易開港や海外留学、海外旅行などは『国を乗っ取られるから鎖国の方が良い。』や『外国なんて物騒なとこに行くのは危険』など批判的な事でしたが、現在の日本はどうでしょう。

誰かが経験する事によって、自分に利益をもたらす結果となれば、当たり前のように考えられるようになります。

例えば、あのグロテスクなナマコを食べた、最初の方がいるから『食べ物』として認識されているのと似ています。

そして、2番目の方が美味しいと感じ、さらに半数近くの方が美味しいと感じた事で、美味などと言われる食べ物として認知されるようになったのです。

もちろん、好きや嫌いがあるのは当たり前です。

では、外国人労働者の受け入れに関してはどうなのでしょう。 労働力が足りないところを補わなければ企業は成り立ちません。

野球でもサッカーでも、人数が足りなければ試合に出れない事もあります。

では、極論になりますが、国内の労働力を活用する為に、やりたくない仕事をさせる法律にする方が良いのでしょうか。

それは違うと思います。

では、初めて外国人労働者を雇用した企業や、既に外国人労働者が働く企業の従業員は、今の状況をどう見ているのでしょう。

朝ドラの『半分青い』で『地球はお家だから・・・』と言うセリフがありましたが、そう考える事が必要ではないでしょうか。

安定的に『労働力確保』が出来る事で『売り手市場』という事がなくなるでしょう。

だから、日本語の読み書きが出来る人は『資格取得』が大切になって来ると思います。

そして世界には、優秀で有名な大学が数多くあります。

これからを考えた場合、グローバル化の中での大卒の位置は、どの辺りになるか考える必要もあるでしょう。

AI導入や外国人労働者受け入れから鑑みるに、読み書きそろばんが出来る人は『資格保有』が、これからはより一層大切になって来ると思います。

 

2018年12月04日 15:05

AIや外国人に仕事を奪われる? その1

こんにちは(^^)ニュースなどの情報番組などで、AI(人工知能)導入で仕事がなくなると騒がれています。

そして、外国人労働者に仕事を奪われると騒がれています。

本当にそうなのでしょうか?

今まで、人工知能導入によって、能力の証明書である『資格』がなければ、これからの時代は生き抜けないでしょうと説明しました。

しかし、仕事を奪われるといった解釈は『間違い』だと思うのです。 言い方を変えれば『AIは、仕事上のライバル』といった感じなのだと思います。

人は新しい物事に『興味を持つ』や『拒否反応を示す』といった真逆な反応をするようです。

そして『興味を持つ』といった場合、自分に利益をもたらす物事が大部分になると思います。

また『拒否反応を示す』といった場合、自分に何等かの不利益をもたらすと思い込む事が大部分ではないでしょうか。

この、利益を与える物事と不利益を与える物事は、簡単に言えば『好きか嫌いか』といった単純な言い方でも表せるのです。

全ての物事には理由がありますが『好きか嫌いか』にも必ず理由があるのです。

食べ物で例えれば、以前に食べた事がある物には『好きか嫌いか』がはっきりとしています。

しかし、食べた事がない物では『好きか嫌いか』は解りません。

では何故、食べず嫌いが起きるのかと言えば『過去に食べた物の中で、嫌いと思った色、匂い、形などから、自分に不味いと思わせる不利益が存在する。』と考えたり、新しい食べ物に対する恐怖感や、不安感などがあるからなのでしょう。

これを、全ての物事に当てはめたら、なんとなく理解出来ると思います。

例えば、製造業でオートメーション化され『工業用ロボット』の導入が始まった頃、労働者は『仕事が奪われる』と感じたはずです。

しかし、導入された事で生産性が向上しました。

さらに、企業の収益が上がり、同時に給与が上がったりなどと待遇が良くなりました。

また、人が行わなければいけなかった、リスクある仕事も『ロボット』が行うようになり、労働者のリスクが軽減されたのです。

当初は、心配された『仕事がなくなる』と言う思いどころか、ロボット操作やロボットを管理をする人材が足りないと言われるほどに仕事が増えました。

AIの導入に関しても、将来的な人材不足が予想されるので『2020年よりプログラミング教育を小学校で導入する』といった、文部科学省の発表があるほどなのです。

その為ミニッツでは、就学前や小学生低学年のお子さんなどに向けた、プログラミングの基礎を学べるコミュニティを来春から始動する予定です。

新しい事は、興味を持って楽しく勉強する事が大切なので『プログラミング教室』や『プログラミング塾』の形式ではありません。

更に、どうやってプログラミングの質問に答えたり、教えたりしたら良いかと悩んでいらっしゃる、理数系が苦手な大人の方にも、はじめの一歩とし参加して頂けるようにと考えています。

この様に、単なる自習室でさえAI導入に向かって、様々な事を考えていますので、みなさんも批判批評や反発、マイナス思考になるだけではなく『新たな試みが開始される、(だから)対応出来る知識を身に付けよう。』と受け入れ勉強する事は大切だと思いますよ。

 

2018年12月04日 14:55


安心安全で快適な自習室
ワーキングプレイス
「ミニッツ」

国家資格・難関校受験 在宅・リモートワーク
【1号店所在地】
神奈川県横浜市戸塚区
戸塚町16-1
トツカーナモール2F

【TEL】
045-435-5325
【営業時間】
ミニッツ 1号店
平  日13:00~23:00
土日祝日10:00~20:00

ミニッツ 2号店
平  日13:00~22:00
土日祝日10:00~19:00
指定席利用の方のみ
全  日 9:30~22:30

【定休日】
1月1日
施設点検日

ご利用案内

モバイルサイト

安心安全で快適な自習室「ミニッツ」スマホサイトQRコード

安心安全で快適な自習室「ミニッツ」モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!