安心安全で快適な自習室「ミニッツ」| 神奈川県横浜市

スタッフ常駐、会員登録制、全席禁煙、フリーWi-Fi、フリードリンクサービスで安心安全な空間をご提供

Brw

HOME ≫ 自習室「ミニッツ」ブログ② ≫

自習室「ミニッツ」ブログ2

イブイブ?

こんばんは。

今日は、クリスマスイブの前日なのでイブイブでしょうか。

横浜駅周辺は、大混雑で大変な事になっていました。

そごうのケーキ売り場は行列

チキンの特設売り場も行列

クリスマスって凄いですよね。

でも、ミニッツの店頭も一時大変な事になっていました(笑)

受験勉強をされている方

これから受験勉強をされる方

受験って凄いですよね。

自習室ミニッツ横浜戸塚には、スタッフに共通事項があって

「ご利用された事のない方へは、ご利用頂いてから1ケ月利用は販売する事」

となっているのです。

売る気がないの????

とは思って欲しくないので、購入をお断りは致しませんが

一度ご利用になられてからの購入をオススメしています。

これが、他の有料自習室と大きく違っているので、驚かれる方も多いと思います。

イブの前にイブイブがあるように、1ケ月利用の購入前に一度お試し下さい。

ミニッツでは、長くご利用頂きたいと思っていますので

「ここなら集中出来る!」と思って頂いてから、1ケ月利用の購入をお願い致します。

ご理解いただけますと幸いです。

2018年12月23日 16:49

やるしかないでしょ。

こんにちは(^^)
今日はあいにくの雨のようですね。
ちょっと、クリスマスに雪が降るのを期待している方も多いでしょう。
逆に、もうクリスマスだから、試験まで時間がないと思っている方も多いと思います。
トツカーナモールのサイゼリアは『打ち合わせ、勉強は禁止』のようです。
また、ドトールコーヒーなどは『混雑時や、お昼からの勉強はご遠慮下さい。』との事のようなので『勉強する場所がないなぁ。』と思われているでしょう。
たまに見掛ける、混雑時に2つの椅子を占領している方は、そんな事は関係ないとは思いますが(笑)
もしも、勉強する場所に困った時は、ドトールコーヒー近くのエスカレーターを下るとすぐにミニッツがありますよ。
だから、トツカーナモールの中に、勉強する場所がありますのでご安心下さいね。
さて、戸塚区内では一般的ではないようですが、他の区の公立小学校では『中学受験』がスタンダードになって来ました。
そして、泉区や港北区などでは、半数以上の小学校六年生が、中学受験をするのが当たり前になっているようです。
なんとなく、最近の大学進学率と、同じようになって来ていますね。
来春、一般の公立中学に入学して夏休みが過ぎれば、高校受験対策が必要になるので、その辺りを考えて、受験負担が少ない中高一貫校を受験させる方も多いようです。
やはり、トツカーナモールに来られる中学3年生を見ていると、中高一貫校の生徒さんは、この時期をクリスマスや冬休みで楽しんでいますが、中高一貫校以外の中学生は高校受験で大変そうです。
大学受験までの、準備期間が6年間あるのを考えるだけでも、中高一貫校の選択は良いのかも知れませんね。
小学生のお子さんがいらっしゃるご家庭は、教育費を含めて色々と検討しましょう。
また、2020年春に卒業される大学3年生の方は、就活に向けて資格取得はすでに終わっていると思います。
まだの方は、1月、2月、3月で取得しましょうね。
履歴書に記載出来ないと、社会人になる準備が出来ていないと思われたり、甘く考えているなどと勘違いされ、内定率が下がるようです。
実際、資格取得をしていない方だと、夏が過ぎても内定が出ないなんて事もあったようです。
資格の問題か、卒業した大学か、はたまた本人の問題かの関係性は解りませんが、同じ大学の方でも、5つ以上の資格を取得した方は夏前には希望企業の中から内定をもらっていたようです。
やはり、社会人としての出発でも、資格取得は大切ですね。
これからは、早慶MARCHなどの大学付属中学や、公立の中高一貫校を受験して、大学3年生までに資格取得をして、希望企業などに就職してもらうのが理想なのでしょう。
大学が、国公立なら教育費も少なく済みますしね。
しかし、希望企業に就職出来ても、しばらくすると資格取得をするように言われます。
とにかく、やるしかないですよね。

2018年12月22日 12:14

難関校受験生の環境

こんにちは!

寒かったり、暖かかったりと、毎日忙しいですね。

ミニッツも室温調整大変です(笑)

さて、年末特番などを観ながら、スマホ通知を見ながら、何々しながらの勉強をしていませんか?

しかし、ながら勉強は「したつもり勉強」となっている場合がほとんどなのです。

5時間も勉強したと思っも、中身は1時間分になってしまっている事が多いのです。

無駄な時間の浪費はもったいないので、ながら勉強をする方は要注意が必要だと思います。

脳への環境被害は、目的と違った環境で生まれるようですので、勉強するときは勉強だけに集中するのが良いでしょう。

お子さんが、難関の中高一貫校受験で、昨年無事合格されたお母さんからお伺いした所

家での勉強であれば

①スマートフォンはリビングに置く

②勉強部屋にはテレビなどのオーディオは設置しない

③子供部屋の家具は、ベットと机、本棚だけにする

④リビングでは、親も読書をする

⑤テレビを見る場合は、時間を決めて全員で観る

だそうです。

ちなみに、上のお子さんも難関公立大学に一発合格だそうです。

日頃の家庭環境は大事ですね。

テレビをつけっぱなしで、ポテトチップを食べながら、スマホいじる環境は止めましょうね。

 

2018年12月21日 10:09

資格は無駄(笑)

おはようございます(^^)
ニューヨークのGoogleオフィス拡張で、今後は現状の2倍の従業員にすると発表がありましたね。
日本でも、今後は似たようなIT企業が増えると思います。
雇用拡大で、景気が良くなればとは思います。
さて、経験や知識がなければ、転職するにも就職するにも難しいのが実状なのだと思います。
異業種転職は、採用する側に労働基準法などのリスクがあるので、同業種からの転職を優先して採用しているようです。
例えば、IT企業での転職枠を、同業種に提供したりして、退職者に斡旋してもらったりするなども増えているようです。
昔では有り得ない話ですが、労働者側の転職感覚に合わせた感じなのでしょう。
また、ネットなどでは『資格は無駄』などの記事が時々ありますが『勉強が嫌い』『楽出来ない事は嫌だ』というのは、人として当たり前の感覚なのでこの記事に同感する方は多いと思います。
しかし、ビジネスの世界にいる方なら、資格は必要無駄といった話は、真逆の事だと痛いほど実感しているとは思います。
労働者側の意向で、年功序列の給与形態はなくなりましたので、資格の有無によっては『職位も上がらない』『給与も上がらない。』といった企業も多くあるのです。
それくらい『勉強する人』と『勉強しない人』の格差は、企業内でも出て来ています。
物を買う方に売るといった販売業界でさえも、技術者を採用して無人化を目指すようになって来ました。
特に、これから就活をされる方は、なおのこと現実を目の当たりにすると思います。
しかし、資格取得をするかしないかは各自の自由なので、しっかり考えた上で答えを出した方が良いでしょう。
もちろん、選びさえしなければ資格がなくても出来る仕事は沢山ありますよ。

2018年12月18日 10:20

月極ではなく、1ヶ月利用のマンスリーパスです。

こんばんは(^^)
毎日のように、1ヶ月利用のマンスリーパスに関してのお問い合わせがあります。
多くの有料自習室は、月極契約がほとんどなので、解りにくいのかも知れませんね。
マンスリーパスに関して、自習室ミニッツ独自のシステムなので改めてご説明致します。
まず、一般的な有料自習室の形態ですが、月極契約のみが9割以上となっています。
そして、スタッフがいない有料自習室が多い為、管理者に連絡をして見学予約を取り、見学をして即日月極契約をする形がほとんどです。
その際、月極契約書や引き落とし口座を書いて、登録料や初回の会費などを支払うようです。
しかしミニッツでは、ご利用だけでなく、見学に関してもご予約の必要はありません。
さらに、お時間に余裕のある時にご来店頂けば、スタッフが常駐していますのでいつでも見学が出来ます。
また、ご住所とお名前の解る身分証をご提示頂き、会員登録をして頂く事でご利用が出来ますが『雰囲気が合わない』『思っていたとのイメージが違う』などと思われましたら、会員登録をする事はオススメ致しません。
お帰りの際には、スタッフから『ご検討下さい。』とだけお声掛けはさせて頂きます。
さらにミニッツでは、スタッフにノルマなどがありませんので、様々な事に関してのセールスをする事は一切ありません。
例えば『今日、契約したらお得です。』『割引が今日なら出来ます。』など、一般的な有料自習室での勧誘セールスなどもありません。
逆に、会員登録の際に、マンスリーパスを購入したいとお申し出があっても『一度ご利用になられてから、購入する事をお考え頂いてはどうですか?』などのスタッフからのアドバイスはさせて頂いています。

ミニッツでは、自習勉強の癖を付けて頂く為に、様々な方面の方からご意見をお伺いし、ご利用者の面倒臭いと思う所を省き、勉強しなければならない環境を提供出来るように、定期券購入のスタイルでマンスリーパスを発売しました。
24時間いつでも使える自習室は、とても便利で割安だと思います。
そして、スタッフがいなければ、好きなように出来ると思います。
しかし逆に、いつでも勉強出来ると考えた場合は、そのいつでもは自分で規制しなければなりません。
また、スタッフがいない場合は、自己規制をしたり、不特定多数から受けるリスクを多少は考えたりする必要があります。
マンスリーパスは、決まった時間から時間で、決まった時間は必ず勉強するといった癖を付ける事で、自習勉強をルーティン化出来ると考えています。
その為、6プランの中での組み合わせをオススメしています。
もちろん、1プランからのご購入も出来ます。
例えば、受験生であれば、普段は平日の学校帰りの19時~23時をご利用頂き、追い込みの2ヶ月間は10時~23時や14時30分~23時をご利用頂くといった感じになります。
また、スタッフが常駐している事で、ご要望などを即時対応出来たり、会員確認が常時出来る事でリスクの軽減も出来ます。
例えば、会員証を忘れた方は必ず照会をさせて頂いたり、会員証を貸し借りしている可能性があれば、ご確認をさせて頂く場合もあります。
東京エリアや横浜駅周辺でも数少ないタイプの自習室なので、馴染むのが難しいとは思いますが、こんな使い方をしたいといったご相談もお受けしておりますので、お気軽にスタッフまでご質問やご相談下さい。
さて、ミニッツは、身分証をご持参頂き、会員登録をして頂くだけで即日ご利用頂けます。
登録料や入会金も必要ありません。
まずは、30分250円(税別)でご利用下さい。
ドリンクバーのお飲み物やWi-Fi接続(インターネット接続)などは利用料金に含まれています。
携帯充電器(docomo純正)など無料貸し出しなどもあります。
もちろん、充電も利用料金に含まれていますよ。
使ってみて初めて『こんな場所が欲しかった。』『とても集中出来た。』『勉強や仕事が捗った。』『ドリンクバーが良かった。』『無料貸し出しが豊富だった。』などと、心の余裕と一緒に実感して頂けると思います。
もしも、そう実感されました時には、マンスリーパスの購入もご検討頂けたらと思います。

2018年12月17日 20:49

試験が近いのに。

こんばんは(^^)
最近、時間がなくて勉強が終わらないといったお話がありました。
Twitterで『追い込み勉強にご利用下さい。』とのご案内をしますが、追い込み勉強の勘違いをされている方が多いですよね。
試験の1日前や1週間前から、追い込み勉強をされる方がいらっしゃいます。
しかし、本来は資格試験でも入試でも、試験の2ヶ月前から目一杯勉強するのが『追い込み勉強』の時期になるのです。
これが出来たか出来ないかで、もちろん合格率が変わるのです。
まぁ、合格すれば勘違いでもなんでも良いのですが。
でも、試験の運任せはどうなのでしょうね。
ただ、あれだけやったのに・・・なんてならない為にも、今一度、追い込み勉強を再確認してみて下さい。
まず、2ヶ月前からは過去問だけをどんどん解いて、間違っているところや理解出来ていないところを復習する必要があります。
と言う事は、試験の3ヶ月前までに全ての勉強を終えていなければ、追い込み勉強は出来ない事になります。
もちろん、勉強を始める時期は、取得する資格や受験する学校の偏差値にもよりますが、共通するのは試験の2ヶ月前からは追い込み勉強が出来るスケジュールを組む必要があるという事です。
例えば、年末年始に旅行に行くにも、必ず旅行計画をすると思います。
行き先の情報を集めたり、荷造りをしたりと、様々な計画があって、最終的に楽しい嬉しい旅行になると思います。
試験に必要な勉強時間を計算して、2ヶ月前から追い込み勉強が出来るように計画をしましょうね。
もしも、後1ヶ月しかないなんて方は、すぐに始める事が大事ですよ。
また、追い込み勉強は自習勉強なので、日頃から自習勉強が出来る練習をしましょう。

2018年12月15日 21:35

お得な自習勉強の癖

おはようございます(^^)
中高一貫校の、人気が急上昇しています。
理由は様々ですが、大学進学の割合が上がり、上位校の倍率が鰻登りになって来た事や、有名大学の入試の不祥事が多発しているのも原因のようです。
その他、指定区の中学には行かせたくないといった理由も目立って多くなっています。
中学によっては、卒業偏差値が低く、その先の高校や大学が見えなかったり、風紀に問題があり『朱に交われば紅くなる』と警戒する親御さんもいらっしゃるようです。
しかし、小学校5年生から受験まで、毎月の塾費用と強化合宿や模試費用などで、年間100万円前後は覚悟が必要です。
もちろん、公立中学から高校受験をされても塾費用は掛かり、さらに高校から大学受験をされても塾費用は必要となるでしょう。
もし浪人したら、さらに費用は掛かります。
受ける学校の偏差値や、本人の勉強に対する姿勢によっても、塾費用は変わると思います。
しかし『自習勉強の癖』が身に付いた学生は、費用面では比較的掛からないようです。
インターネットなどで『塾に行かずに、学校の授業だけで一流大学に合格しました。』なんて話がありますが、やはり勉強癖があれば教育費用は安くお得になると思います。
親御さんから見れば『自習勉強の癖』があるのは、素晴らしいお子さんだといった感じになるでしょうね。
例えば、有料自習室で自習勉強すれば、毎日通っても1万円前ですが、塾は週に数日でもそれ以上の費用が掛かります。
もちろん、一番安上がりなのは、自習勉強が出来る環境を自宅に作る事なのですが、塾の自習室でもなかなか難しいので、ご家庭ではさらに難しいとは思います。
しかし、風紀の問題だけであれば、指定区外就学許可制度があるので、区役所戸籍課に相談する事も出来ます。
指定区外就学制度とは・・・
横浜市では、住民登録している住所地により通学区域を定め、指定された学校に通学することが原則となっており、同じ通学区域にお住まいのお子さんは同じ学校に通学して頂くい事になります。
しかし、お子さんに個々の事情がある場合には、指定された学校以外の学校に通学する事が出来る『指定地区外就学』という制度があります。
といった事です。
このような、行政のシステムを利用するもの一つです。
しかし、中学受験を考えなくても、自習の勉強癖だけは小学生のうちに付けて上げましょう。
自習勉強の癖が、高校受験や大学受験を迎える頃に、素晴らしいお子さんになっていると思いますよ。
そう、教育費用が無駄に掛からない。

2018年12月14日 08:18

そのうちやるは、やらないのと同じですね。

こんにちは(*^^*)

日が沈むと、急に寒さが倍増しますね。

そろそろ、インフルエンザなどに警戒する必要があります。

特に、受験生は気を付けて下さい。

さて、これだけ寒いとダウンジャケットなどで防寒しますよね。

もし「まだ大丈夫。」なんて人がいたらどうでしょう?

もしかしたら「風邪をひかないかな?」などと考えてしまいますよね。

考えてしまうのは

寒い⇒薄着⇒風邪をひく

となるからでしょう。

勉強も同じです。

そのうちやる⇒まだ始めない⇒まだまだ始めない⇒試験日が来る⇒結果が出ない

という事なのです。

受験でも、資格試験でも、合格する為には始める事が大切です。

そう「いつやるの?」⇒「いまでしょ!」

ってありましたが、これが勉強できる人のスイッチ力なんです。

「いつか」「そのうち」などと余裕でいると、やらないまま結果発表になりますよ。

だから・・・・・

いつやるの?

今でしょ!

 

2018年12月13日 17:45

進路は将来を左右するでしょう

おはようございます(^^)
大学入試センターの発表によると、来年1月19日と20日実施のセンター試験確定志願者数が、前年度より5842人少ない57万6829人だったと発表がありました。
さらに、来春に卒業予定の現役生は8621人減の46万4949人、既卒者は2734人増の10万6682人とのことでした。
現役に占める志願者の割合は44%で、過去2番目に高い水準だったそうです。
さらに、センター試験を入試で使う国公私立大は703校で過去最高だそうです。
これから、多くの学校がセンター試験を扱うようになる傾向を、表している感じですね。
そして、受験生やその親も、国公立大や早慶MARCHを目標にするのが、大学選びの基準になりそうだと思います。
そこで、注目の中学受験についての事です。
公立中高一貫校の場合は、ほとんどが中学と大学の二回の入試になるので、高校受験がなく大学受験までの勉強時間に余裕が出来ると思います。
また、早慶MARCHなどの大学付属中高は、基本的には中学受験のみと考えれられるので、学生生活に余裕が出来ると思います。
もちろん、他の大学を受験する事も可能なので、選択肢は増えるのです。
そして、中高一貫校の一部の学校では、授業を真面目にやっていれば塾に通う必要がなく、自習すれば学力は維持向上出来るとの考えから、塾に行く事を禁止しているところもあるようです。
進路に関しては、親だけが考えるのではなく、遅くても小学校3年生くらいから、高校受験と大学受験をするか、中学受験と大学受験をするか、中学受験だけするかをお子さんと話して、本人の意向を聞いて上げましょうね。
その時には、今から勉強しなければいけない事や、掛かる費用などを説明出来るように、親として下準備をしておいた方が良いと思います。
例えば、小学3年生から塾に行かせる費用、公立中高一貫校と私立付属中学に行かせる費用、公立中学に行かせる費用など、塾の費用や受験費用などもあるので、早目に家族計画の原案だけでも作ると良いと思いますよ。
また、大学の付属中高一貫校であれば、本人がしっかり勉強すれば、大学進学が出来る前提になるので、見落としがちな浪人生活に掛かる費用は加算しなくて良いと考えましょう。
やはり、勉強癖を付ける事と同様に、まだ早いからとかそのうちなどと考えていると、気付いた時には手遅れになる場合もあります。
これは、お子さんの受験に限らず、資格取得に関しても同じ事が言えますので、早目の決断は大事だと思いますよ。

2018年12月13日 10:52

来年から?

おはようございます(^^)
寒さで、受験シーズンを感じますね。
学生さんは、猛勉強して悔いが残らないようにしましょう。
再来年、受験を控えている方は、そろそろ始めた方が良いと思いますよ。
さて、来年は『勉強癖を付ける。』とか『勉強癖を付けさせる。』と考えている方も多いと思います。
しかし、そもそも勉強というのは、脳が『面倒な事』と感じているのが大半の人なので『勉強のルーティン化』はなかなか難しいのです。
さらに、楽な事と大変な事を天秤にかければ、誰でも楽な事を選択してしまいます。
そして、周りに『勉強が苦手な人』や『勉強に集中出来ない人』『勉強をやる気がない人』といった方がいるだけでも、勉強が苦手になったり、勉強に集中出来なくなったりしてしまうのです。
聞いた事があるとは思いますが『朱に交われば紅くなる』と言います。
勉強が嫌いな集団にいれば、勉強が嫌いになります。
また、勉強に集中出来ない集団にいれば、勉強に集中出来なくなります。
例えば、集団で『勉強より遊び』といった考えがあった場合、元々勉強が苦手な人なら『勉強はなんとかなるから、みんなと遊びを優先しよう。』と楽な事を選ぶでしょう。
しかし、テストや就職活動などになった時に『自分だけテストがダメだった。』『内定がなかなかもらえなかった。』などとなる事もあるでしょう。
親からすれば『あんなのと遊んでいるからよ。』と思わず言ってしまいそうですね。
これが『朱に交われば紅くなる』です。
しかし実は、他の人は『勉強より遊び』ではなく『しっかり勉強して、しっかり遊ぼう』といった考えだったのです。
本人が、勉強が苦手だった為に、話を鵜呑みにして間違って捉えた事で『勉強より遊び』となってしまっただけだったのですね。
さて、何が違うかといった事になるのですが、友達は『勉強のルーティン化』をしていたので、脳のスイッチがあったと言う事なのです。
この脳のスイッチが、将来の様々(特に学校や企業)な成績などに影響する事にもなるのです。
また、日本企業が学歴主義になったのも『楽より苦を選び頑張って来た人』といったイメージもあるようです。
ちょっと考えれば、人を選ぶ時に『楽ばかり追い求めた人』と『苦を乗り越えた人』ではイメージが違いませんか?
これが『勉強のルーティン化』の目的になるのです。

目的を把握して、頑張りましょうね。

そう、考えているだけで、何もしなければ何も始まりません。

まずは、勉強癖を付ける為に、机に向かいましょうね。

2018年12月11日 10:22


安心安全で快適な自習室
「自習室ミニッツ」

国家資格・難関校受験
【所在地】
神奈川県横浜市戸塚区
戸塚町16-1
トツカーナモール2F

【TEL】
045-435-5325

【営業時間】
10:00~23:00
(年末年始を除く)

【定休日】
1月1日
施設点検日
令和元年7月26日
ご利用案内

モバイルサイト

安心安全で快適な自習室「ミニッツ」スマホサイトQRコード

安心安全で快適な自習室「ミニッツ」モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!