安心安全で快適な自習室「ミニッツ」| 神奈川県横浜市

スタッフ常駐、会員登録制、全席禁煙、フリーWi-Fi、フリードリンクサービスで安心安全な空間をご提供

Brw

HOME自習室「ミニッツ」ブログ② ≫ 飲酒による認知症??? ≫

飲酒による認知症???

こんにちは。
仕事ミニッツ横浜のオープンまで、あと1週間となりました。
プレオープンは13日~16日なので、会員の方はちょっと早めにご利用頂けます。
そして11月11日より、事前利用登録受付やお問い合わせも開始となります。
スタバ前のパンフレットスタンドには、ちょっとした内容を記載した利用案内も置きましたので、興味のある方はぜひご覧下さい。
さて、オープンと言えばお祝いですね。
お祝いと言えば、アルコールは付きものです。
そこで、アルコールに関して色々と調べてみました。
驚いたことに「お酒は脳を溶かす。」なんて記事が沢山あるんです(笑)
百薬の長と言われるのに有り得ませんよね。
でも、よくよく調べたら、IARCではアルコールを確実な発がん物質のグループとみなしているようです。
このグループには、タバコ・ヒ素・アスベストなども含まれているのには驚きました。
これは脳とは関係ないですね。
でも、オックスフォード大学の研究発表では、アルコールは少量でも脳に悪影響を及ぼすとの結果があったそうです。
ん?????
やっぱり、脳が溶ける??
いやいや、溶けるのではなく、脳が委縮するそうです。
1週間辺り140グラム以上のアルコールを摂取すると、語彙力や高次脳機能が低下するようです。
それって、分かりづらいですよね。
アルコール5%のビールなら350㎖を8本くらいだそうです。
アルコール度数により変わって来るので、詳しく知りたい方はネット検索してみて下さいね。
でも、1週間に5本だから大丈夫なんて事ではないのですよ。
飲酒をされない方と同程度を維持するなら、多くても1週間に3本くらだそうです。
3本なんて1回の居酒屋ですよね。
でも、飲酒はそれくらい怖い事だそうです。
では、脳が委縮するとどうなるかは、みなさんなんとなく分かりますね。
一般的に言われる「認知症」のようになるんです。
飲酒をされる方は、怒りやすくなった、物忘れがひどくなったなどの認知症に似た症状が出た時は、アルコールによる脳の萎縮も疑って下さいね。
特に、若年性アルツハイマー型認知症の10%は、アルコールによるものだと言われていますから。
それに、今日は勉強頑張ったからと、酔いつぶれるほど飲んだら意味ないですよ。
ぜーんぶ忘れて、努力が水の泡です。
 
2019年11月09日 15:27


安心安全で快適な自習室
「自習室ミニッツ横浜」

国家資格・難関校受験
【所在地】
神奈川県横浜市戸塚区
戸塚町16-1
トツカーナモール2F

【TEL】
045-435-5325

【営業時間】
10:00~23:00
(年末年始を除く)

【定休日】
1月1日
施設点検日

ご利用案内

モバイルサイト

安心安全で快適な自習室「ミニッツ」スマホサイトQRコード

安心安全で快適な自習室「ミニッツ」モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!